Create issue ticket

考えれる1県の原因 ほとんどが生後2か月までに軽減する

  • 早産児の化膿症

    であった.生後2か月未満からのヒスチジン銅治療開始例は,痙攣はなく,本症兄に比較して症状軽減の効果はあったが,1歳10か月で座位不能であり,さまざまな本症症状を認めた.早期からヒスチジン銅治療を行っても障害を呈していることが明らかになり,今後,より有効な治療法の開発が必要であると考えられた.[jpeds.or.jp] 17名中9名に認めた.骨折は70%,肺炎は65%,膀胱憩室は80%,尿路感染症は19名中11名に認めたが,膀胱憩室がなかった4名は尿路感染症を合併していなかった.治療については,気管切開は25%,エアウェイ20%,鎖骨下静脈などの末梢以外からのルート確保は45%が施行していた.栄養方法(有効回答19名)は,経口6名,経管11名,中心静脈栄養2[jpeds.or.jp]

さらなる症状