Create issue ticket

考えれる13県の原因 ふくらんだ泉門

  • 頭部外傷

    頭部外傷(とうぶがいしょう、英: head injury、独: Kopftrauma)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。 外傷は開放性と閉鎖性に分けられ、いずれも部位によって頭皮、頭蓋骨、頭蓋内に分けられるが、頭蓋内、特に脳に対する損傷の程度が最も重視される。外力が脳に与える損傷の成立機序には様々なものがあり、代表的なものとしては以下の通りである。 打撃部位において骨は撓み inbending を生じ、脳を圧迫損傷する。特に小児では骨が軟らかいので inbending injury[…][ja.wikipedia.org]

  • 硬膜下血腫

    どんな病気なの? 頭部打撲から1 3カ月の後に頭の中に出血が起こることがあります。 頭の骨(頭蓋骨)のすぐ内側には硬膜と呼ばれる膜がありますが、この硬膜の内側にじわじわと出血が起こって血液(血腫)がたまった状態を慢性硬膜下血腫といいます。通常、慢性硬膜下血腫は硬膜の下の内膜・外膜と呼ばれる2枚の膜状の組織(被膜)に取り囲まれており、血管に富んだ外膜からの繰り返す出血によりゆっくりと増大する特徴を有しています。 また、明らかな頭部外傷がなく原因を特定できない場合もあります。一般に「中高年者」「お酒の好きな方」の男性に多く、脳が萎縮していたり、何度も頭を打撲する人にできやすいといえます。 症状[…][iwamizawanouge.com]

  • 細菌性髄膜炎

    細菌性髄膜炎(さいきんせいずいまくえん、英: Bacterial meningitis)は、細菌感染によって起こる中枢神経系の感染症。別名として、化膿性髄膜炎(かのうせいずいまくえん、英: Septic meningitis)とも呼ばれる。通常結核性髄膜炎はこの細菌性髄膜炎に含めない。 発熱の原因が中枢神経と疑われるとき、髄液検査を行い細胞数の増加があれば神経感染症と考える。神経感染症では感染部位によって名称、症状が異なる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 閉塞性水頭症

    14. 閉塞性水頭症 脳内出血の脳室内穿破、中脳水道狭窄症など、脳脊髄液の流出路が何らかの原因で閉塞した場合、脳室が拡大し、意識レベルの低下などの症状が起こります。この病態を閉塞性水頭症と呼んでいます。この閉塞性水頭症の治療に神経内視鏡を用いた手術を行っています。 神経内視鏡手術 はburr hole[…][shinkuki-hp.jp]

  • 交通性水頭症

    特発性正常圧水頭症。娘が4ヶ月の時に非交通性水頭症と診断されました。そのあと通院を重ねて、無事治りこの辺は長いので省略させて下さい今は発達共に何も問題なく脳も正常に戻ってきているので現在半年に1回 程度の経験観察のみでの通院をしてます。保育園に入れたいのですが、この事は書類に記載した方がいいでしょうか?大きい病院なのですが家から遠く、急遽引っ越すことになったのでもし診断書などを取りに行くには書類提出の残り日数が足りなく悩んでおります。友人などには大したことないのに書くとめんどくさいから書かない方がいいと思うよ[…][shavings.pw]

  • 脳膿瘍

    脳膿瘍 分類および外部参照情報 DiseasesDB 6880 MedlinePlus 000783 MeSH D001922 脳膿瘍 (のうのうよう、cerebral abscess)は、 脳 の病気のひとつ。脳の中に 細菌 感染が起こり、脳組織内の 炎症 と溜まった 膿 によって脳が圧迫、占拠された状態をいう。 通常無菌状態の脳の内部にバクテリアなどが侵入して感染を起こすと、脳の組織の一部が壊死するとともに、この感染に反応して炎症が起こる。この炎症によって腫脹が起こり、腫瘍は脳に圧力を加えることとなる。 また、体液や破壊された組織細胞、 白血球[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳浮腫

    脳浮腫(のうふしゅ、英: cerebral edema、独: Hirnödem)は、脳実質内に異常な水分貯留を生じ、脳容積が増大した状態である。脳腫脹(英: brain swelling、独: Hirnschwellung)も同義である。 脳浮腫は脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、感染など、頭蓋内の病変に起因する。また、呼吸障害や各種中毒、代謝障害など、頭蓋外の病変によって起こることもある。 脳浮腫の機序については古くから研究され、1967年、Klatzoは、血液脳関門が障害されて血管透過性が高まり、血清タンパクの漏出により水分が主として細胞外腔に溜まる vasogenic edema[…][ja.wikipedia.org]

  • 髄膜炎菌性髄膜炎

    2017年12月8日 髄膜炎菌とは 髄膜炎菌は、まわりを莢膜(きょうまく)という厚い膜に覆われた細菌です。人の免疫機能によって排除されにくく、体内で増殖しやすい特徴があります。健康な人の鼻やのどの粘膜に存在しており、人から人へ咳やくしゃみなどを介して、鼻、のど、気管などの粘膜に付着します。体力が低下している時や、免疫系の疾患などがある場合には、その菌が血液や髄液に入り全身に広がると、菌血症や敗血症、髄膜炎になることがあります。 髄膜炎菌には、13以上の異なる種類(血清群)があり、このうち、ほとんどの感染原因はA群、B群、C群、Y群、W群の5種類といわれています。日本で2013年4月[…][chiba-city-med.or.jp]

  • 尿素サイクル異常症

    概要 尿素サイクルとは体内で生成された有害なアンモニアを肝臓で無害な尿素へと変換する過程を指します。このサイクルに異常が生じると、アンモニアなどが体にたまり、さまざまな症状を呈します。ときに生命に関わるような状況に陥ることもあります。 尿素サイクルにはいくつかの酵素が存在し、この酵素のいずれかに先天的な異常があるものを尿素サイクル異常症と呼びます。尿素サイクル異常症はそれらの病気の総称であり、以下が含まれています。 Nアセチルグルタミン酸合成酵素欠損症 カルバミルリン酸合成酵素欠損症 オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症 古典型シトルリン血症 アルギニノコハク酸尿症 アルギニン血症[…][medicalnote.jp]

  • 梅毒性髄膜炎

    1.脳炎・脳症 A)ウイルス性 水痘・帯状ヘルペス サイトメガロウイルス Epstein-Barrウイルス ヒトヘルペスウイルス6型 エンテロウイルス属ウイルス 日本脳炎ウイルス ムンプスウイルス 狂犬病ウイルス リンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス インフルエンザウイルス 西ナイル熱ウイルス その他のウイルス B)細菌性 脳膿瘍 リステリア C)神経梅毒 D)原虫性 トキソプラズマ症 E)遅発性ウイルス感染症 進行性多巣性白質脳炎(PML) 亜急性硬化性全脳炎(SSPE) F)プリオン病 2.髄膜炎 A)化膿性髄膜炎 B)結核性髄膜炎 C)真菌性髄膜炎 D)ウイルス性髄膜炎 E)梅毒性髄膜炎[…][neuroinfection.jp]

さらなる症状