Create issue ticket

考えれる13県の原因 ふくらんだ形の頭

  • 淡蒼球錐体症候群

    尾状核はを前に、尾を後下方に曲げたオタマジャクシのようなをしていて、前のふくらんだ部分を、後下方の細長くなった部分を尾といいます。(慶應義塾大学医学部解剖学教室・船戸和弥先生による「3. [jpma-nanbyou.com]

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    尾状核はを前に、尾を後下方に曲げたオタマジャクシのようなをしていて、前のふくらんだ部分を、後下方の細長くなった部分を尾といいます。(慶應義塾大学医学部解剖学教室・船戸和弥先生による「3. [jpma-nanbyou.com]

  • オリーブ橋小脳萎縮症

    尾状核はを前に、尾を後下方に曲げたオタマジャクシのようなをしていて、前のふくらんだ部分を、後下方の細長くなった部分を尾といいます。(慶應義塾大学医学部解剖学教室・船戸和弥先生による「3. [jpma-nanbyou.com]

  • 線条体黒質変性症

    尾状核はを前に、尾を後下方に曲げたオタマジャクシのようなをしていて、前のふくらんだ部分を、後下方の細長くなった部分を尾といいます。(慶應義塾大学医学部解剖学教室・船戸和弥先生による「3. [jpma-nanbyou.com]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 55型

    尾状核はを前に、尾を後下方に曲げたオタマジャクシのようなをしていて、前のふくらんだ部分を、後下方の細長くなった部分を尾といいます。(慶應義塾大学医学部解剖学教室・船戸和弥先生による「3. [jpma-nanbyou.com]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 48型

    尾状核はを前に、尾を後下方に曲げたオタマジャクシのようなをしていて、前のふくらんだ部分を、後下方の細長くなった部分を尾といいます。(慶應義塾大学医学部解剖学教室・船戸和弥先生による「3. [jpma-nanbyou.com]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 32型

    尾状核はを前に、尾を後下方に曲げたオタマジャクシのようなをしていて、前のふくらんだ部分を、後下方の細長くなった部分を尾といいます。(慶應義塾大学医学部解剖学教室・船戸和弥先生による「3. [jpma-nanbyou.com]

  • 痙性対麻痺-てんかん-知的障害症候群

    尾状核はを前に、尾を後下方に曲げたオタマジャクシのようなをしていて、前のふくらんだ部分を、後下方の細長くなった部分を尾といいます。(慶應義塾大学医学部解剖学教室・船戸和弥先生による「3. [jpma-nanbyou.com]

  • 末梢神経障害 2型がある小脳失調

    尾状核はを前に、尾を後下方に曲げたオタマジャクシのようなをしていて、前のふくらんだ部分を、後下方の細長くなった部分を尾といいます。(慶應義塾大学医学部解剖学教室・船戸和弥先生による「3. [jpma-nanbyou.com]

  • 幼児発症常染色体性劣性非進行性小脳失調

    尾状核はを前に、尾を後下方に曲げたオタマジャクシのようなをしていて、前のふくらんだ部分を、後下方の細長くなった部分を尾といいます。(慶應義塾大学医学部解剖学教室・船戸和弥先生による「3. [jpma-nanbyou.com]

さらなる症状