Create issue ticket

考えれる9県の原因 ひりひりする指、脚、つま先

  • 足白癬

    足白癬(あしはくせん)は、感染症の一種で、白癬菌(はくせんきん)が足の指や足の裏など皮膚の角質やその下の皮下組織を侵食することで、痒みや炎症などが起きる。一般的な通称は水虫(みずむし)。足白癬には2種類あり、足の裏の角質が肥厚して硬くなる角化型白癬(かくかがたはくせん)と、水疱や皮膚剥離(薄く皮が剥ける)が発生し、発赤や痛痒感などを伴う汗疱状白癬(かんぽうじょうはくせん)が存在する。 治療には抗真菌薬が使われ、外用薬の場合1986年には1日1回で済む薬剤が登場した。[…][ja.wikipedia.org]

  • うっ滞性皮膚炎

    うっ滞性皮膚炎 (鬱滞性皮膚炎、うったいせいひふえん)とは、静脈の循環不全に起因する慢性の皮膚疾患である。 目次 1 頻度 2 原因 3 症状 4 治療 5 生活上の注意 6 関連項目 頻度 [ 編集 ] 比較的よくみられる。大部分は中高年で、男女差は女性に比較的多い。 原因 [ 編集 ] 妊娠、長時間の立ち仕事などによる下肢の慢性的な血流の鬱滞。 下肢静脈瘤 ・ 血栓性静脈炎 と合併して起こることが多い。動静脈瘻、先天性静脈拡張症などの先天性疾患でも起こるが、この場合、年少時より生じる。 症状 [ 編集 ] 下肢に浮腫があり、下腿の下1/3に出現する。浮腫に続き、褐色色素斑・点状出血・[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨髄増殖性疾患

    Abstract 骨髄増殖性腫瘍(myeloproliferative neoplasms;MPN)は,融合遺伝子の形成や遺伝子変異によりチロシンキナーゼが恒常的に活性化され,好中球,赤血球,血小板,肥満細胞などの骨髄系細胞のうち1 系統以上の細胞が,末梢血あるいは骨髄においてクローナルに増殖する造血器腫瘍である.髄外造血や,それに伴う肝脾腫が高頻度にみられ,主として真性赤血球増加症 (polycythemia vera;PV),本態性血小板血症 (essential thrombocythemia;ET)と原発性骨髄線維症 (primary myelofibrosis;PMF)の3[…][pieronline.jp]

  • 孔紋表皮剥脱症

    当科は消化器がん(胃、大腸、肝胆膵)や乳がんなどの悪性疾患、消化器良性疾患、一般外科を中心に診断と治療を行っています。また手術のみならず進行、再発癌に対する化学療法や疼痛、緩和医療も行っております。地域完結型医療をめざし、経験豊富な久留米大学外科学講座専門医との連携を通じ当科でも同等な専門的医療を提供できるよう心がけています。 非常勤医のご紹介 非常勤スタッフとして木曜日肝胆膵外来(久留米大学肝胆膵外科 講師 安永昌史)の他 数名の非常勤医師で外来診療にあたっております。 また上下部内視鏡検査、治療は非常勤医師の佐藤真二が行っております。 診療内容[…][suikokai.or.jp]

  • 真性多血症

    真性多血症(赤血球増加症) Ref をクリックしていただくとreference abstractが表示されます(Pub Med) 解説 真性多血症は慢性骨髄増殖性疾患のひとつであり、赤血球数の増加が顕著ですが、 白血球数、血小板数の増加を伴う症例が多く見られます。近年、赤血球の前駆細胞の エリスロポイエチン、インターロイキン-3、インスリン様成長因子に対する感受性が高く、 またエリスロポイエチン非添加でも赤芽球系細胞集塊(コロニー)が形成されるなどの研 究報告がなされています。 疫学 真性多血症は赤血球数と 総血液量の絶対的増加を特徴とする多能性造血幹細胞レベ ルでの異常によって生じる[…][med.osaka-cu.ac.jp]

  • 本態性血小板血症

    本態性血小板血症 Ref をクリックしていただくとreference abstractが表示されます(Pub Med) 解説 はじめに 末梢血血小板数の正常上限は40万/μl以下であり、40万/μl以上になると血小板増 加症と呼ばれます。一般的には60万/μl以上になると病的であるとされます。その原因 は 本態性血小板増多症を含む骨髄増殖性疾患 、 骨髄異形成症候群 、 家族性血小板増 多症、 そして下記に示す 2次性血小板増加症 に分けることができます。 2次性血小板増加症の原因 (1)運動 (2)分娩 (3)薬剤(エピネフィリン、サイトカインなど)[…][med.osaka-cu.ac.jp]

  • 遺伝性ATTRアミロイドーシス

    RNA干渉治療薬の開発をリードするアルニラム製薬は、遺伝性ATTRアミロイドーシスの治療に用いる治験薬、パティシランのAPOLLO第III相試験で追加的に得られた結果を、2018年3月26日から熊本大学で開かれている「第16回アミロイドーシス国際シンポジウム」で発表する。同疾病の治療のために皮下投与するRNAi治療の治験薬であるALN-TTRsc02の第I相試験で得られた新たなデータも、併せて発表する。[…][e-radfan.com]

  • 鉤虫感染症

    鉤虫(こうちゅう)感染症は腸の感染症で、かゆみを伴う発疹や呼吸と胃腸の障害がみられ、最終的に慢性失血による鉄欠乏性貧血が引き起こされます。 土の中にいる鉤虫の幼虫は、人間の皮膚を突き破って侵入することができるため、はだしで歩いているときに感染することがあります。 まず、幼虫が侵入した部分の皮膚にかゆみを伴う発疹が現れ、その後に発熱、せき、喘鳴(ぜんめい)、もしくは腹痛、食欲減退、下痢が起こります。 重度の感染症では失血と貧血が起こり、それがときに重症化して疲労を引き起こすことや、心不全や広範囲の腫れを引き起こすことがあります。[…][msdmanuals.com]

  • クロモブラストミコーシス

    Terbiface Plus(テルビフェイスプラス)は、テルビナフィンとイトラコナゾールの合剤です。 作用機序の異なる2つの抗真菌成分により、相乗的な効果を発揮して、 クロモブラストミコーシス(黒色分芽菌症)を治療します。 クロモブラストミコーシス(黒色分芽菌症) 皮膚と皮下組織に起こる慢性的な真菌感染症です。中年の男女によく発症し、 四肢や顔面などの露出部や、特に下肢にあらわれます。患部は全体的に乾燥しており、 紅色の丘疹が徐々に拡大して、暗赤色の鱗屑(紅斑の上に付着するフケのようなもの)を 伴う膨らみを生じます。原因菌は、Fonsecaea[…][ikumounegai.blog.fc2.com]

さらなる症状