Create issue ticket

考えれる192県の原因 はさみ歩行, 失調, 痙性対麻痺

つまり: はさみ歩行, 失調,, 対麻痺

  • 多発性硬化症

    視力 ・ 視野障害 、 運動麻痺 、 運動失調 、 痙性歩行 、 感覚 障害・異常感覚、 排尿 ・ 排便障害 、 複視 などが主なものである。[bsd.neuroinf.jp] 二次性進行期では進行の障害をきたす病巣は中枢神経のどこでもおきるわけではなく、錐体路の遠位部に生じやすく麻痺が悪化していく形をとりやすい。ついで小脳が障害されやすく小脳性運動失調が次第に増悪する。二次性進行期はEDSS3.0レベルからすでにはじまっていると考えられている。平均寿命は一般人と同じ程度か10年ほど短縮する。[ja.wikipedia.org] 神経学的診察所見としては、 視神経 萎縮、 視神経乳頭 耳側蒼白( 乳頭黄斑 線維が 視神経炎 で障害されやすいため)、視野欠損等の視神経障害、 片麻痺 、 対麻痺 、 四肢麻痺 等の運動障害、 痙縮 、四肢 腱反射 亢進、 病的反射 の出現、 痙縮 、 小脳性運動失調 、 感覚鈍麻 、 感覚性失調 、 膀胱直腸障害 、 内側縦束 (medial[bsd.neuroinf.jp]

  • 脳卒中

    右利きの人では、通常、言語中枢は左の大脳にある)、失認(人の顔がわからない、物が判別できないなど、これまで識別できたことができなくなる)、失行(運動麻痺や失調がなく、目的の行為が何であるかを理解しているのに、うまく行えない)などが含まれます。 (3)心原性脳塞栓症 心臓にできた血栓がはがれて流れ出し、脳に運ばれて動脈をふさぐものです。[ncvc.go.jp]

  • 悪性貧血

    ビタミンB12欠乏症は、躁病や精神病、疲労、記憶障害、神経過敏、抑うつ、運動失調及び人格変化の症状を引き起こす可能性もある。 オックスフォード大学が61歳から87歳の107人に対して行った研究によると、ビタミンB12濃度が最も低い群は脳収縮を引き起こす可能性が6倍高いと報告されている。[ja.wikipedia.org]

  • 運動失調

    失調(しっちょう)とは、医学用語で、ある機能が調節を失うこと。様々な機能について用いられ、複数の英語またはラテン語の訳語になる。運動失調、自律神経失調症、統合失調症など語尾に用いられることが多い。[ja.wikipedia.org] 脊髄側索障害性疾患(錐体路障害)、筋萎縮性側索硬化症、家族性疼性麻痺などで認められるよろけ状態は、腱反射の亢進、下肢の疼性脱力のために運動が拙劣となって起こるもので、後索障害に認められる真の運動失調とは異なる。フリードライヒ病、亜急性連合性脊髄変性症、脊髄癆などでは後索性失調が見られ、ロンベルグ徴候が陽性となる。[ja.wikipedia.org] 大脳性失調、小脳性失調の他、平衡感覚が損なわれた前庭性失調、深部感覚が損なわれた脊髄性失調がある。 運動失調 ataxiaとは、語源的に a taxia (motion disturbance) "動作の障害"という意味であり、主に、四肢、体幹の動作の調節障害を指す。転じて、出力系一般の調節障害を指す場合もある。[ja.wikipedia.org]

    不足: はさみ歩行
  • 脳性麻痺

    失調型 小脳もしくはその伝導路が損傷されたケースで四肢麻痺、震顫(しんせん/ふるえ)、バランスの悪さ、運動コントロールの不安定性、抑揚に乏しい単調なゆっくりとした話し方などを特徴とする。 痙直型 大脳の運動神経系の錐体路系が損傷されたケースで、四肢の筋緊張の亢進を特徴とし、折りたたみナイフ現象が見られる。[ja.wikipedia.org] 麻痺:両下肢のみ冒されたもの。 両麻痺:四肢すべてに障害があり、上肢の障害が比較的軽いもの。通常は痙直型に出現する 首のすわりや言語・上肢機能が比較的良い場合が多い。 四肢麻痺:四肢すべてに障害があり比較的重度のもの。各タイプに出現する。アテトーゼ型四肢麻痺では上肢より下肢の障害が軽いケースも少なくない。[ja.wikipedia.org] 障害が現れる部位によって片麻痺、麻痺、四肢麻痺、両麻痺などに分類される。視覚・認知障害、斜視を合併することが多い。 固縮型 錐体路、錐体外路ともに障害があり、四肢麻痺が出現する。強固且つ持続的な筋緊張のため、関節の動きは歯車様となる。 混合型 痙直型とアテトーゼ型の症状を併せ持つケースなど同時に二つ以上のタイプが混合している状態を指す。[ja.wikipedia.org]

  • ペリツェウス・メルツバッヘル病
    不足: 失調
  • 筋痙縮

    麻痺 痙性斜頸 筋緊張亢進 固縮[ja.wikipedia.org]

    不足: 失調
  • メタボリックシンドローム

    メタボリック症候群の主要な機序は、インスリン抵抗性、腹部肥満、炎症 と考えられ、他に、食事、喫煙、運動不足、加齢、社会経済的要因、ホルモン失調状態 などが考えられる。[ja.wikipedia.org]

    不足: はさみ歩行 痙性対麻痺
  • ジストニア

    改善は神経系-不随意運動や失調症状に有効とされた。[nanbyou.or.jp] (6)鑑別診断:他の発作ジストニア(表参照) (7)Definite(確定診断):非運動誘発の発作のジストニアがみられ、間歇期に麻痺を伴う。 (8)参考事項:運動、アルコール摂取、緊張感、疲労などが誘因になる。[nanbyou.or.jp] 小脳失調、動作性振戦、認知症は目立たないことが多い。 458dupAは進行が速く、パーキンソニズムが目立ち、認知障害、小脳失調が見られる(460insAとの差異)。日本人家系(c.469_484dup16nt)も報告され10歳代に手指の振戦が見られ、低緊張性で、発生困難、小字症、歩行障害を示す。[nanbyou.or.jp]

    不足: はさみ歩行
  • 精神疾患

    病院などで診断される精神疾患という意味で、精神疾患は人に固有の問題であるが、それはたとえば青年期に発症する代表的な精神疾患である 統合失調症 を、主に 幻覚 や 妄想 といった主観的体験にもとづいて診断するので、人と同じ言語を持たない動物を統合失調症と診断することは原理上できないからである。[bsd.neuroinf.jp] の障害 64 生殖機能の障害 65 内臓器官の欠損 66 内臓器官のその他の障害 その他の特殊機能の障害 67 生殖器の障害 68 そしゃくと嚥下の障害 69 嗅覚とその他の特殊機能に関連する障害 7 骨格系の機能障害 頭部及び体幹の機能障害 70 頭部及び体幹の機能障害 四肢の機械的及び運動障害 71 四肢の機械的障害 72 二肢以上の麻痺[dinf.ne.jp] しかし,大目標であったディメンジョン化の試みは断片的なもの(評価尺度と今後の研究対象に紹介される)にとどまり,生物学的診断マーカーに至っては診断基準として導入できるほど確かなものはないとして見送られている.結果をみると,DSM-5の改訂は時期尚早ではないか,とする反論にも一理あるように思える.しかも統合失調症のサブタイプの削除,重篤気分調節症[ishiyaku.co.jp]

    不足: はさみ歩行

類似した症状