Create issue ticket

考えれる23県の原因 はさみ歩行, 失調, 痙性対麻痺

つまり: はさみ歩行, 失調,, 対麻痺

  • 多発性硬化症

    視力 ・ 視野障害 、 運動麻痺 、 運動失調 、 痙性歩行 、 感覚 障害・異常感覚、 排尿 ・ 排便障害 、 複視 などが主なものである。[bsd.neuroinf.jp] 二次性進行期では進行の障害をきたす病巣は中枢神経のどこでもおきるわけではなく、錐体路の遠位部に生じやすく麻痺が悪化していく形をとりやすい。ついで小脳が障害されやすく小脳性運動失調が次第に増悪する。二次性進行期はEDSS3.0レベルからすでにはじまっていると考えられている。平均寿命は一般人と同じ程度か10年ほど短縮する。[ja.wikipedia.org] 神経学的診察所見としては、 視神経 萎縮、 視神経乳頭 耳側蒼白( 乳頭黄斑 線維が 視神経炎 で障害されやすいため)、視野欠損等の視神経障害、 片麻痺 、 対麻痺 、 四肢麻痺 等の運動障害、 痙縮 、四肢 腱反射 亢進、 病的反射 の出現、 痙縮 、 小脳性運動失調 、 感覚鈍麻 、 感覚性失調 、 膀胱直腸障害 、 内側縦束 (medial[bsd.neuroinf.jp]

  • 痙性対麻痺-てんかん-知的障害症候群

    はさみ歩行 アテトーゼ型(約20%):顔面、四肢の不随意運動 失調型:細かな調節が利かず、震えてスムーズに動けない。バランスが悪い その他:混合型、強剛型、振戦型、無緊張型など 脳の障がい部位と脳性麻痺の型の関係。ただしいろいろな型の混在が多い。[pref.gifu.lg.jp] 常染色体 優性遺伝 脊髄小脳失調症1型(SCA1) 脊髄小脳失調症2型(SCA2) 脊髄小脳失調症3型(SCA3、 通称:マチャド・ジョセフ病 ) 脊髄小脳失調症6型(SCA6) 脊髄小脳失調症7型(SCA7) 脊髄小脳失調症10型(SCA10) 脊髄小脳失調症12型(SCA12) 脊髄小脳失調症は2012年現在で36型まで発見されている。[ja.wikipedia.org] 診断 遺伝麻痺は家族歴と麻痺の何らかの徴候から示唆される。診断は他の原因を除外することによるが,ときに遺伝子検査を行うこともある。 治療 いずれの病型においても対症療法を行う。痙縮にはバクロフェンを10mg,経口,1日2回で投与し,必要に応じて最大40mg,経口,1日2回まで増量する。[msdmanuals.com]

  • 淡蒼球錐体症候群

    中年以降発症、進行性の小脳失調症で、明らかな家族歴が認められない場合、免疫介在性小脳失調症、傍腫瘍性小脳失調症を念頭において精査をすすめる必要がある。 特に傍腫瘍性小脳失調症は腫瘍の出現に先行して小脳失調症状が出現することがあり注意を要する。 若年発症の場合、代謝性疾患、ミトコンドリア病等を念頭に鑑別を進める。[ameblo.jp] 統合失調症群でもほぼ同様の傾向でしたが、淡蒼球体積については、統合失調症における左側優位の非対称性が存在することを、新たに見出しました (図3) 。[resou.osaka-u.ac.jp] 7)遺伝麻痺 南下肢の麻痺を特徴とする遺伝性疾患であるが、孤発例もある。脊髄錐体路変性および後索変性が特徴である。 8)Friedreich運動失調症 幼少期発症(常染色体劣性遺伝)の脊髄性運動失調を主とし、凹足、脊柱側彎、拡張型心筋症等を合併することが多い。[caeser.or.jp]

  • 脳卒中

    右利きの人では、通常、言語中枢は左の大脳にある)、失認(人の顔がわからない、物が判別できないなど、これまで識別できたことができなくなる)、失行(運動麻痺や失調がなく、目的の行為が何であるかを理解しているのに、うまく行えない)などが含まれます。 (3)心原性脳塞栓症 心臓にできた血栓がはがれて流れ出し、脳に運ばれて動脈をふさぐものです。[ncvc.go.jp]

  • ペリツェウス・メルツバッヘル病

    通常会話可能 20歳代から60歳代 機能喪失型の PLP1 null症候群 生後5年間 眼振なし・軽度の痙性四肢不全麻痺・運動失調・末梢性ニューロパチー・軽度から中等度の認知障害 歩行可能 会話可能であるが,通常,青年期以降に悪化 40歳代から60歳代 複合型痙性不全対麻痺(SPG2) 生後5年間 眼振・運動失調・自律神経失調症1・痙性歩行[grj.umin.jp] 例として、アルコール依存症、アレキサンダー病、アルパース病、アルツハイマー病、筋萎縮性側索硬化症、毛細血管拡張性運動失調症、バッテン病、ウシ海綿状脳症、カナバン病、コケーン症候群、大脳皮質基底核変性症、クロイツフェルト・ヤコブ病、前頭側頭葉変性症、ハンチントン舞踏病、HIV関連認知症、ケネディ病、クラッベ病、レビー小体型認知症、神経ボレリア[biosciencedbc.jp] また乳幼児期の運動知的発達が正常で、学童期以降にゆっくりと退行する、X連鎖麻痺の表現型をとることもある。通常10-20歳代を過ぎると症状の退行が始まり、平均寿命は30歳前後である。症状の退行と平行して、画像上の脳萎縮を認める。PLP1機能喪失変異の症例では、末梢神経障害を呈する。[plaza.umin.ac.jp]

  • 脳性麻痺

    はさみ歩行 アテトーゼ型(約20%):顔面、四肢の不随意運動 失調型:細かな調節が利かず、震えてスムーズに動けない。バランスが悪い その他:混合型、強剛型、振戦型、無緊張型など 脳の障がい部位と脳性麻痺の型の関係。ただしいろいろな型の混在が多い。[pref.gifu.lg.jp] 失調型では体や四肢の震え、バランスの悪さなどが見られます。混合型は、アテトーゼ型と痙直型の症状を併せ持つなど、二つ以上のタイプが同時に混在している場合を指します。脳性麻痺のお子さんに頻度が高く見られる症状は以下となります。[ncnp.go.jp] 手術適応 脳性麻痺による比較的軽度 中等 度の麻痺を呈する小児が絶対的な手術適応となり,筆者たちは Gross Motor Function Classification System(GMFCS)レベル 2 4 に該当する患児に行っています。[twmu.ac.jp]

  • 悪性貧血

    表.血清葉酸、ビタミンB12が異常値となる病態 低値 高値 葉酸 巨赤芽球性貧血 偏食による摂取不足、栄養失調 薬剤(メトトレキサート、フェニトイン等) アルコール常用、妊娠 ビタミン剤摂取時 検体の溶血 ビタミンB12 悪性貧血、胃切除後 内因子欠損、妊娠、寄生虫 薬剤(PAS、ネオマイシン、PPI等) 甲状腺機能低下症、慢性膵炎 ビタミン[crc-group.co.jp] ビタミンB12欠乏症は、躁病や精神病、疲労、記憶障害、神経過敏、抑うつ、運動失調及び人格変化の症状を引き起こす可能性もある。 オックスフォード大学が61歳から87歳の107人に対して行った研究によると、ビタミンB12濃度が最も低い群は脳収縮を引き起こす可能性が6倍高いと報告されている。[ja.wikipedia.org]

  • フリートライヒ運動失調症

    では大腿部が内転するとともに,下肢が伸展位になり,下肢が交叉するような歩行になることがある(痙性はさみ歩行).[primary-care.sysmex.co.jp] 中年以降発症、進行性の小脳失調症で、明らかな家族歴が認められない場合、免疫介在性小脳失調症、傍腫瘍性小脳失調症を念頭において精査をすすめる必要がある。 特に傍腫瘍性小脳失調症は腫瘍の出現に先行して小脳失調症状が出現することがあり注意を要する。 若年発症の場合、代謝性疾患、ミトコンドリア病等を念頭に鑑別を進める。[ameblo.jp] 非遺伝性の運動失調の原因が除外されること(「鑑別診断」を参照). 運動失調の家族歴,運動失調の原因遺伝子変異の同定,あるいは遺伝性運動失調症に特徴的な臨床像により,疾患が遺伝性であることが判明すること. 注:運動失調の家族歴がない場合,実施可能な遺伝学的検査のすべてに異常を認めないときには,遺伝性であると判断できない.[grj.umin.jp]

  • 不全対麻痺

    片側錐体路障害でみられる、足を前に出すときに股関節を中心に伸ばした下肢で円を描くように歩く痙性片麻痺歩行、両側錐体路障害でみられる、両足をはさみのように組み合わせて歩く痙性対麻痺歩行がある。 医療・ケア用語集トップに戻る アルメディアWEB会員(無料)って? 会員登録いただくと、次の特典があります。 特典1:限定コンテンツが見られる![almediaweb.jp] ,さらに足底面を工夫することで安定性を高めた.治療プログラムは病棟での自主トレを含めた上下肢の筋力増強運動,歩行動作獲得に向けて装具療法・補装具を使用し歩行練習を行った.動作指導は,ロフストランドへの移行を考えて手の出し方,失調様歩行改善のためにワイドベースでの振り出しを指導した.[jstage.jst.go.jp] 麻痺の症状 麻痺は、両下肢の筋緊張が亢進して(突っ張って)運動麻痺(自分で動かせない)がある状態のことをいいます。遺伝麻痺では、徐々に麻痺の症状が進行し、筋力低下をきたします。[ncnp.go.jp]

  • 脊髄腫瘍 

    腫瘍の大きさや腫瘍が脊髄のどの領域に発生しているかによって様々な脊髄障害(麻痺・運動失調・排尿排便障害など)を生じます。腫瘍ごとに好発領域はあるものの、脊髄腫瘍は脊髄のどの領域にも起こり得ます。より細かな症状の把握や神経学的な評価は病変の局在化において重要となります。[aikawavmc.com] 表4 脊髄腫瘍の症状 部位 痛み 上肢症状 下肢症状 膀胱直腸障害 頚部 頚部痛 髄節症状 麻痺 胸部 背部痛 - 麻痺 腰部 下肢痛 - 間欠性跛行 まれ 治療・最近の動向 脊髄腫瘍に対しては、椎弓形成術、椎弓切除術によって術野を展開して、手術顕微鏡下に腫瘍を切除します。[byouin.metro.tokyo.jp] その他に、頭痛、顔面神経麻痺、顔面のしびれ、歩行障害や小脳失調、痙攣、半身麻痺、視力障害、嚥下障害や構音障害などを伴うこともある。 4.治療法 ①神経線維腫症I型 1)色素斑 約半数の患者が色素斑を整容上の問題と捉えて悩んでいる。しかし、現在のところ、色素斑を完全に消失させうる確実な治療法はないため、希望に応じて対症療法を行う。[nanbyou.or.jp]

類似した症状