Create issue ticket

考えれる11県の原因 はさみ歩行, 失調, 痙性対麻痺

つまり: はさみ歩行, 失調,, 対麻痺

  • 多発性硬化症

    視力 ・ 視野障害 、 運動麻痺 、 運動失調 、 痙性歩行 、 感覚 障害・異常感覚、 排尿 ・ 排便障害 、 複視 などが主なものである。[bsd.neuroinf.jp] 二次性進行期では進行の障害をきたす病巣は中枢神経のどこでもおきるわけではなく、錐体路の遠位部に生じやすく麻痺が悪化していく形をとりやすい。ついで小脳が障害されやすく小脳性運動失調が次第に増悪する。二次性進行期はEDSS3.0レベルからすでにはじまっていると考えられている。平均寿命は一般人と同じ程度か10年ほど短縮する。[ja.wikipedia.org] 神経学的診察所見としては、 視神経 萎縮、 視神経乳頭 耳側蒼白( 乳頭黄斑 線維が 視神経炎 で障害されやすいため)、視野欠損等の視神経障害、 片麻痺 、 対麻痺 、 四肢麻痺 等の運動障害、 痙縮 、四肢 腱反射 亢進、 病的反射 の出現、 痙縮 、 小脳性運動失調 、 感覚鈍麻 、 感覚性失調 、 膀胱直腸障害 、 内側縦束 (medial[bsd.neuroinf.jp]

  • 淡蒼球錐体症候群

    統合失調症群でもほぼ同様の傾向でしたが、淡蒼球体積については、統合失調症における左側優位の非対称性が存在することを、新たに見出しました (図3) 。[resou.osaka-u.ac.jp] 遺伝麻痺(麻痺はSCD全体の5%) 若年発病。優性遺伝と劣性遺伝の場合がある。下肢の縮で発病。視神経萎縮、痴呆など合併。診断には多発硬化症などの麻痺を除外する。 その他 病因・病態 孤発性のものの大多数は多系統萎縮症。 一部小脳症状に限局した小脳皮質萎縮症がある。[ameblo.jp] 7)遺伝麻痺 南下肢の麻痺を特徴とする遺伝性疾患であるが、孤発例もある。脊髄錐体路変性および後索変性が特徴である。 8)Friedreich運動失調症 幼少期発症(常染色体劣性遺伝)の脊髄性運動失調を主とし、凹足、脊柱側彎、拡張型心筋症等を合併することが多い。[caeser.or.jp]

  • 痙性対麻痺-てんかん-知的障害症候群

    情報提供元 神経・筋疾患調査研究班(運動失調症) 「運動失調症の医療基盤に関する研究班」 研究代表者 国立精神・神経医療研究センター 理事長・総長 水澤英洋 診断基準 Definite、Probableを対象とする。[nanbyou.or.jp] 麻痺は、遺伝によって発症するケースが多いことから、 遺伝麻痺 、 家族麻痺 とも呼ばれます。 障害年金では「先天(生まれながら)」の病気の場合、初診日が0歳とされますが、麻痺の場合、遺伝性であっても0歳とはならず、初めて医師の診断を受けた日が初診日となります。[shougaiv.com] 麻痺の症状 麻痺は、両下肢の筋緊張が亢進して(突っ張って)運動麻痺(自分で動かせない)がある状態のことをいいます。遺伝麻痺では、徐々に麻痺の症状が進行し、筋力低下をきたします。[ncnp.go.jp]

  • 脳卒中

    右利きの人では、通常、言語中枢は左の大脳にある)、失認(人の顔がわからない、物が判別できないなど、これまで識別できたことができなくなる)、失行(運動麻痺や失調がなく、目的の行為が何であるかを理解しているのに、うまく行えない)などが含まれます。 (3)心原性脳塞栓症 心臓にできた血栓がはがれて流れ出し、脳に運ばれて動脈をふさぐものです。[ncvc.go.jp]

  • 悪性貧血

    表.血清葉酸、ビタミンB12が異常値となる病態 低値 高値 葉酸 巨赤芽球性貧血 偏食による摂取不足、栄養失調 薬剤(メトトレキサート、フェニトイン等) アルコール常用、妊娠 ビタミン剤摂取時 検体の溶血 ビタミンB12 悪性貧血、胃切除後 内因子欠損、妊娠、寄生虫 薬剤(PAS、ネオマイシン、PPI等) 甲状腺機能低下症、慢性膵炎 ビタミン[crc-group.co.jp] ビタミンB12欠乏症は、躁病や精神病、疲労、記憶障害、神経過敏、抑うつ、運動失調及び人格変化の症状を引き起こす可能性もある。 オックスフォード大学が61歳から87歳の107人に対して行った研究によると、ビタミンB12濃度が最も低い群は脳収縮を引き起こす可能性が6倍高いと報告されている。[ja.wikipedia.org]

  • ペリツェウス・メルツバッヘル病

    例として、アルコール依存症、アレキサンダー病、アルパース病、アルツハイマー病、筋萎縮性側索硬化症、毛細血管拡張性運動失調症、バッテン病、ウシ海綿状脳症、カナバン病、コケーン症候群、大脳皮質基底核変性症、クロイツフェルト・ヤコブ病、前頭側頭葉変性症、ハンチントン舞踏病、HIV関連認知症、ケネディ病、クラッベ病、レビー小体型認知症、神経ボレリア[biosciencedbc.jp] ;トゥレット症候群;一過脳虚血発作;伝達海綿状脳症;横断脊髄炎;外傷脳損傷;振戦;三叉神経痛;熱帯不全麻痺症;結節性硬化症;血管性認知症(多発脳梗塞性認知症);側頭動脈炎を含めた脈管炎;フォンヒッペル・リンダウ病;ワレンベルグ症候群;ウェルドニッヒ・ホフマン病;ウエスト症候群;むち打ち症;ウィリアムズ症候群;ウィルソン病;ならびに[ipforce.jp] 手の震えなどの神経症状、筋肉の突っ張りなどの麻痺といった症状に対する対症療法が行われています。 たとえば、筋肉が硬くなっている患者さんには筋肉を弛緩させる薬を投与、口や喉の筋肉の調節が上手くできず食べ物を食べられない患者さんには、管を使い栄養補給を行います。[medicalnote.jp]

  • 脳性麻痺

    失調型では体や四肢の震え、バランスの悪さなどが見られます。混合型は、アテトーゼ型と痙直型の症状を併せ持つなど、二つ以上のタイプが同時に混在している場合を指します。脳性麻痺のお子さんに頻度が高く見られる症状は以下となります。[ncnp.go.jp] 麻痺:両下肢のみ冒されたもの。 両麻痺:四肢すべてに障害があり、上肢の障害が比較的軽いもの。通常は痙直型に出現する 首のすわりや言語・上肢機能が比較的良い場合が多い。 四肢麻痺:四肢すべてに障害があり比較的重度のもの。各タイプに出現する。アテトーゼ型四肢麻痺では上肢より下肢の障害が軽いケースも少なくない。[ja.wikipedia.org] 失調型 :小脳にも錐体路外系の神経伝達路があり、この部分を損傷すると失調型の脳性麻痺になります。脳性麻痺の分類で最も少ないタイプが失調型です。失調型は、 筋肉の緊張が低く、正常と低緊張をいったりきたりするので、バランスを保つことが難しく姿勢が不安定 となってしまいます。[h-navi.jp]

  • 不全対麻痺

    片側錐体路障害でみられる、足を前に出すときに股関節を中心に伸ばした下肢で円を描くように歩く痙性片麻痺歩行、両側錐体路障害でみられる、両足をはさみのように組み合わせて歩く痙性対麻痺歩行がある。 医療・ケア用語集トップに戻る アルメディアWEB会員(無料)って? 会員登録いただくと、次の特典があります。 特典1:限定コンテンツが見られる![almediaweb.jp] 脳性麻痺 痙性脊髄麻痺 先天性痙性麻痺 脳性両麻痺 脳性対麻痺 乳児片麻痺 小児片麻痺 先天性片麻痺 先天性舞踏病 ジスキネジア性脳性麻痺 重複性アテトーシス 先天性アテトーシス 両側性アテトーシス アテトーシス型脳性麻痺 運動失調性脳性麻痺 弛緩型脳性麻痺 先天性四肢麻痺 先天性対麻痺 混合型脳性麻痺症候群 脳性麻痺 リットル病 片麻痺[scuel.me] 麻痺の症状 麻痺は、両下肢の筋緊張が亢進して(突っ張って)運動麻痺(自分で動かせない)がある状態のことをいいます。遺伝麻痺では、徐々に麻痺の症状が進行し、筋力低下をきたします。[ncnp.go.jp]

  • 筋痙縮

    痙直型、アテトーゼ型、失調型、混合型などのタイプに分けられます。痙直型では筋肉の緊張が高くなりすぎて手足が動かしにくくなり、アテトーゼ型では手足や体が勝手に動いてしまうという症状が特徴的です。このため体を動かしにくくなったり、楽な姿勢を取りづらかったりし、体や手足に負担がかかり痛みが出たりします。[tmghig.jp] 脳卒中麻痺のボツリヌス治療 フェノール神経ブロックを含めて より安全に、より確実に! [kanehara-shuppan.co.jp] 麻痺 痙性斜頸 筋緊張亢進 固縮[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性運動感覚性神経障害

    6)整形外科的治療 はさみ歩行に対して中小殿筋前方移行術(Steel法)、足部変形に対して尖足矯正手術、足部内反変形に対する手術などがありますが、適応は個々の症例で慎重に決めるべきであると思われます。[sibaburogu.seesaa.net] 最も一般的なサブタイプは、フリードライヒ、血管拡張性失調症、眼球運動失調症1型の運動失調症、および眼球運動失行症2型の運動失調症である. 4つの常染色体劣性型には食事療法または生化学的治療法(ビタミンE欠乏症、脳腱黄色腫症、Refsum、および補酵素Q10欠乏症の運動失調症)がありますが、他の運動失調症に対する具体的な治療法はありません.[laurarodriguezsa.over-blog.com] 小脳の皮質が主に変性し、小脳症状である運動失調がみられる。 ビタミンE単独欠乏性失調症 常染色体劣性遺伝性SCDだが孤発性もみられ、発病年齢は幅広い。運動失調や感覚障害が主な症状で、ほかに会話の障害や頭部のふるえなども多い。血液中のビタミンEの欠乏を認める。[scd-msa.net]

類似した症状