Create issue ticket

考えれる7県の原因 はく離した発疹

  • アトピー

    アトピー性皮膚炎とは、長期にわたって、かゆみを伴う湿疹が、良く なったり悪くなったりして、慢性の経過をたどる湿疹の一種で、多く の方にアトピー素因が認められます。 では、アトピー素因は何かといいますと、「アトピー」とは一つの体 質を表す言葉で、アレルギー反応を起こしやすい体質をアトピー体質 と言うことができます。 すなわちアトピー体質とはアレルギー体質とほぼ同等の言葉と考えて もよろしいかと思います。 アトピー性皮膚炎の診断には、以下の3つの項目を満たすことが出来れば アトピー性皮膚炎と診断することが出来ます。その3つの項目とは、下記 3項目です。 1.かゆみを伴うこと。[…][kodomo-clinic.info]

  • 猩紅熱

    猩紅熱(しょうこうねつ、英: Scarlet fever)は、小児に多い発疹性伝染病。明治年間に法定伝染病に指定され恐れられていた病気の一つだが、抗生物質が開発された後には、容易に治療が可能となった。このため、猩紅熱は伝染病予防法に定められていた法定伝染病(届け出が必要)であったが、1998年の法改正に伴い、猩紅熱は法定伝染病ではなくなった。現在の感染症法ではA群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)として診断・治療を行うことがほとんどである。 A群β溶血性連鎖球菌の毒素(発赤毒(erythrogenic toxin)[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺炎球菌性肺炎

    概要 疾患のポイント: 肺炎球菌性肺炎とは、肺炎球菌が原因で起こる肺炎である。 市中肺炎の中で最多であり、死亡者が多いのも肺炎球菌肺炎である。 侵襲性肺炎球菌感染症(侵襲性感染症のうち肺炎球菌が髄液又は血液から検出された場合)は、感染症法の5類感染症に分類され、診断した医師は、7日以内に最寄りの保健所に届け出る必要がある。 市中肺炎と診断した場合には、第一に肺炎球菌性肺炎であるかどうか考える。 インフルエンザ罹患後に続発する肺炎としても、28 48%と最多である。 市中肺炎と診断後、良質な喀痰を塗抹鏡検し、グラム陽性双球菌を有意に認めたら確定診断できる。 喀痰グラム染色中の肺炎球菌: 図表[…][clinicalsup.jp]

  • 皮膚筋炎

    皮膚筋炎(ひふきんえん、Dermatomyositis; DM)は自己免疫疾患の一種である。慢性疾患であり、膠原病の1つとして分類されている。横紋筋が冒される特発性炎症性筋疾患の一つであり、他には多発筋炎(PM)がある。両者は皮膚症状の有無によって区別されるが、そもそも基本的に疾患が異なるとする考えもある。他の膠原病においてもしばしば本症と同様の筋炎の臨床および病理所見が伴うことがある。なお、略称のDMは糖尿病と共通しており、また糖尿病のほうが有名であるため、うかつに略称で話すと勘違いされる可能性がある。 年間発病率は100万人あたり2[…][ja.wikipedia.org]

  • 毒素性ショック症候

    黄色ブドウ球菌( Staphylococcus aureus )が産生する毒素は、ヒトに対して食中毒や毒素性ショック症候群などの疾病を引き起こすことが知られています。今回、NBRCで保有する Staphylococcus aureus 21株の黄色ブドウ球菌エンテロトキシンA E遺伝子および黄色ブドウ球菌毒素性ショック症候群I型(TSST-1)遺伝子について、PCR法を用いた検出試験を行いました。 供試菌株 NBRCで保有する Staphylococcus aureus 21株 ( 表1 ) ページトップへ 方法 1.各菌株指定の液体培地( 802培地 、ただしNBRC 14606とNBRC[…][nite.go.jp]

  • 急性ヒ素中毒

    概要 急性ヒ素中毒とは、毒性を持つヒ素化合物を口や気道から摂取することによって生じる急性中毒をいいます。ヒ素は天然にも広く存在し、古くは農薬や駆虫剤や防腐剤、また工業においても半導体やプリンターの生産過程で使用されてきました。 日本では、1998年7月に和歌山の祭り会場で起こった毒物カレー事件により、急性ヒ素中毒の危険性が示されることになりました。 原因 急性ヒ素中毒では、ヒ素が細胞のエネルギー産生に関わる酵素を阻害します。細胞のエネルギー産生が阻害されると細胞死を生じ、全身にさまざまな症状を起こします。[…][medicalnote.jp]

  • ヒ素

さらなる症状