Create issue ticket

考えれる207県の原因 とびひ

  • 虫刺症

    この方法だと、患部をラップで覆うため、患児がもし掻いてしまったとしても、 とびひ になりにくい [1] 。 蜂刺傷 [ 編集 ] 蜂 に刺されて恐いのは、全身にアレルギー反応が起こり アナフィラキシーショック で命に関わる場合である。日本では年間20〜40人程度、多い年では70人以上の死亡者を出している。[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚感染症

    おもな細菌感染症の症状や特徴 とびひ(伝染性膿痂疹) とびひは、かゆみを伴う水ぶくれができます。水ぶくれは2 3日で急速に大きくなり、大豆からクルミくらいの大きさになります。水ぶくれは破れやすく、中から汁が出てジクジクただれた状態になります。この水ぶくれの汁が離れた場所の皮膚について次々と感染していくので“とびひ”といわれています。[shionogi.co.jp] また、毛穴の中の化膿菌の感染症で同様の症状を起こすせつ・癰(よう)・面疔(めんちょう)、手や足の指の爪の周囲に膿が貯まるひょう疽、顔面や背部・臀部等にできやすく、皮膚に垢(あか)や皮脂が貯まり細菌感染を合併しやすい粉瘤(ふんりゅう)、また子供ではアトピー性皮膚炎に合併しやすい伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん:とびひ)等があります。[jomf.or.jp] 単に皮膚感染症といっても、様々なものがありますが、ここでは、「とびひ(伝染性膿痂疹)」、「丹毒」、「蜂窩織炎」、「癤(せつ)」と「癰(よう)」について解説します。 「とびひ」の正式な医学用語が「伝染性膿痂疹」です。これは小児に多くみられ、夏期に好発します。原因菌は皮膚に住み着いている黄色ブドウ球菌がほとんどです。[tepika.net]

  • アトピー性皮膚炎

    喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎など他のアレルギー疾患が同時に見られることが多く、伝染性膿痂疹(とびひ)などの感染症、白内障、網膜剥離などもみられます。 アトピー性皮膚炎は、近年、世界的にも、日本国内でも増加傾向にあります。症状や経過には個人差が大きいので、治療効果をみながら、注意深く、根気強く治療する必要があります。[med.or.jp] 細菌に関しては、重度の湿疹病変から進入した黄色ブドウ球菌などによる伝染性膿痂疹(とびひ)をとくに幼児において多く合併することで知られている。 伝染性軟属腫(水いぼ)などのウイルスによる皮膚疾患に感染しやすく、アトピー性皮膚炎患者が単純ヘルペスを罹患すると重症化することが知られている(カポジ水痘様発疹症)。[ja.wikipedia.org] また、塗布していると、局所の感染、例えば、ヘルペス感染、とびひ等がやや出現しやすくなり、その場合には、プロトピック軟膏の塗布を中止しなければなりません。しかし、その様な頻度は少ないと思われます。[yi-ap-clinic.jp]

  • 糖尿病

    -「多目的コホート研究(JPHC研究)」からの成果- 私たちは、いろいろな生活習慣と、がん・脳卒中・虚血性心疾患・糖尿病などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防に役立てるための研究を行っています。平成2年(1990年)と平成5年(1993年)に、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部、茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古、大阪府吹田の10保健所(呼称は2005年現在)管内にお住まいだった、40[…][epi.ncc.go.jp]

  • 化膿レンサ球菌

    伝染性膿痂疹 - いわゆる「とびひ」のこと。 壊死性筋膜炎 - 毒素性ショック症候群とともに、「劇症型溶連菌感染症」と呼ばれる、最も重症な病型。四肢の筋肉を包む筋膜に化膿レンサ球菌が感染するものであるが、外科的に病巣を切除することが必要であり、治療が遅れれば致命的となる危険もある。[ja.wikipedia.org] 伝染性膿痂疹 - いわゆる「とびひ」のこと。 壊死性筋膜炎 - 毒素性ショック症候群とともに、「劇症型溶連菌感染症」と呼ばれる、最も重症な病型。四肢の筋肉を包む 筋膜 に化膿レンサ球菌が感染するものであるが、 外科 的に 病巣 を切除することが必要であり、治療が遅れれば致命的となる危険もある。[ja.wikipedia.org]

  • レンサ球菌感染

    侵入部位や組織によって多彩な臨床症状を引き起こしますが、よくみられる疾患としては急性咽頭炎、膿痂疹(とびひ)、蜂巣織炎、猩紅熱があります。その他にも肺炎、化膿性関節炎、骨髄炎、骨膜炎などもあります。また、菌の直接の作用でなく、免疫機序を介してリウマチ熱や急性糸球体腎炎を引き起こす場合もあります。[lab.toho-u.ac.jp] 伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん) 一般的に「とびひ」として知られる。伝染性膿痂疹の起炎菌はそのほとんどが黄色ブドウ球菌(英: 羅: Staphylococcus aureus)である。 まれに溶連菌によるものが報告される。しかし、複数回培養により菌を確認した報告は少なく、ほとんどが単回培養による報告である。[ja.wikipedia.org] A群溶血性レンサ球菌は、菌の侵入部位によって様々な臨床症状を引き起こし、咽頭炎だけでなく、膿痂疹(とびひ)、中耳炎、肺炎、髄膜炎、敗血症などの原因にもなります。[tepika.net]

  • 黄色ブドウ球菌感染症

    おもな細菌感染症の症状や特徴 とびひ(伝染性膿痂疹) とびひは、かゆみを伴う水ぶくれができます。水ぶくれは2 3日で急速に大きくなり、大豆からクルミくらいの大きさになります。水ぶくれは破れやすく、中から汁が出てジクジクただれた状態になります。この水ぶくれの汁が離れた場所の皮膚について次々と感染していくので“とびひ”といわれています。[shionogi.co.jp] 皮膚感染症のうち最も表面に近い部分に起こるのが 伝染性膿痂疹 (Impetigo、「とびひ」)である。皮膚表面にべったりとした黄色の膿痂(かさぶた)を伴った びらん が現れる。びらんは痛痒いため、特に小児ではこのびらんを掻破してしまう。びらんを掻破した爪で他の健常皮膚面を掻破することにより、その健常皮膚面に新たなびらんを形成する。[ja.wikipedia.org] かからないようにするには とびひ 虫さされや傷あとなどを、汚れた指や爪で、かきむしらないようにすることが大切です。そのためにはこまめに爪を切り、手洗いをし、清潔を心がけましょう。 また、入浴、肌着の交換をこまめに行い、皮膚を清潔にしておきましょう。[shionogi.co.jp]

  • 皮膚カンジダ症

     寛) 単純ヘルペス - 抗ウィルス内服薬が有効です (石塚医院・石塚敦子) 爪水虫 - 頑固な爪水虫も内服治療で治ります (田沼皮膚科・田沼弘之) 手足口病 - わかりやすい皮膚病 (自治医大・出光俊郎) デルマドローム - 皮膚は内臓の鏡です (本町診療所・伊崎誠一) 床ずれ - 在宅診療もしています (おうえんポリ・並里まさ子) とびひ[saitamahifuka.org] アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、皮脂欠乏症欠乏性湿疹などの湿疹・皮膚炎、蕁麻疹、薬疹、乾癬、肝斑・老人性色素斑・脂漏性角化症などのシミ・イボの治療、にきび、単純ヘルペス・帯状疱疹などのウィルス感染症、とびひ・蜂窩織炎などの細菌感染症、足白癬・足爪白癬・皮膚カンジダ症などの真菌感染症、刺虫症など 外来では午前中に予約・予約外の診察を行い、午後からは[plhospital.or.jp] 虫刺され 接触皮膚炎 汗疹(あせも) 洗剤かぶれ・手荒れ 皮膚瘙痒(そうよう)症 しもやけ アトピー性皮膚炎 脂漏性(しろうせい)皮膚炎 蕁麻疹(じんましん) 帯状疱疹(たいじょうほうしん) 薬疹 みずむし 口唇ヘルペス みずいぼ とびひ にきび 掌蹠膿疱(しょうせきのうほう)症 細菌感染症(毛のう炎、せつ) 皮膚カンジダ症 虫刺され 特徴[hifunokoto.jp]

  • 水痘

    平成26年10月1日から、水痘ワクチンが定期接種となりました。 Q&A 関連情報 平成26年10月1日から、水痘ワクチンが定期接種となりました。 ページの先頭へ戻る Q&A Q1.水痘とはどんな病気ですか? Q2.水痘をワクチンで予防することは可能ですか? Q3.水痘を対象とした定期接種はいつから開始されますか? Q4.水痘の定期接種は何歳でどのように受けるのですか? Q5.なぜ3歳、4歳の者(特例措置の対象者)は水痘ワクチンを一回しか受けなくていいのですか? Q6.すでに水痘ワクチンを接種したことがありますが、定期接種はどのように受ければよいですか?[…][mhlw.go.jp]

  • とびひ

    「とびひ」の治療は、 化膿止めの飲み薬を飲みながら、湿疹の治療 を行います。 治るまでは、プールなど他の方に感染させる恐れのあるイベントには 参加できなくなります。 最近は小さい頃から抗生物質を飲んでいるために、 普通の抗生物質が効かない「とびひ」 も多くなってきています。[nagato-clinic.com] まるで火の粉が飛ぶようにどんどん広がるので“とびひ”といいます。医学用語では、伝染性膿痂疹です。 とびひの原因は黄色ブドウ球菌です。ときどきA群β溶血性連鎖球菌(溶連菌)が原因で起こることもあります。 あせも、虫刺され、擦り傷、切り傷などの傷口に黄色ブドウ球菌が繁殖すると水ぶくれをつくります。[imaizumi-web.com] 【原発巣感染経路】 鼻の粘膜、耳の中頭の中などに潜むブドウ球菌が増殖して、”とびひ”になります。 又は ”とびひ”の患者さんへの接触でも感染します。 【注意点】 皮膚の清潔を心掛け、とびひの所を手で触らないよう気をつけます。 爪の間、頭皮、耳の中、鼻の中の粘膜などに菌が潜む事が多いので、きちんと治す事が大切です。[haraiin.jp]

さらなる症状

類似した症状