Create issue ticket

考えれる49県の原因 つま先で立つことができない

  • 凹足

    踵が高い靴を履き続けると、重心は足の爪先などの前足部に集中し、つま先立つような状態が続きます。 こうすると足の裏の筋肉や、すねの前面の筋肉のバランスが崩れ、ハイアーチ・凹足状態を生み出します。[yoikutu.com]

  • 脳震盪

    立ってください。[someya-clinic.jp] 先に反対側の足の踵をつけて一直線上に立つ[ja.wikipedia.org] ・頭痛(プレーを続けることができない程度) ・ふらつき ・霧の中にいる感じ ・以下の質問に正しく答えられない(見当識障害・記憶障害) 自分のチーム名を言いなさい 今日は何月何日ですか ここはどこの競技場ですか 今は、前半と後半のどちらですか 上記3のバランステストとは 「利き足でないほうの足を後ろにして、そのつま先に反対側の足の踵をつけて一直線上[someya-clinic.jp]

  • 変形性膝関節症

    【セット1】 両足のつま先立った姿勢で10秒間保った後、床に着く少し前までかかとを下ろす。 足首の後方に1キロほどの重りをつけて立ち、片方ずつ膝を曲げて後ろに上げる。 椅子に腰かけて両足の甲に重りをつけ、つま先を上げる。 【セット2】 椅子に深く腰掛け、脚を片方ずつまっすぐに伸ばして10秒間保ったあと、ゆっくり下ろす。[cataloghouse.co.jp]

  • 乗り物酔い

    自律神経系を鍛える ブランコ、マット運動(前転など)、鉄棒、縄跳び、ジョギング、水泳など 平衡感覚を鍛える 片方のかかとにもう片方のつま先をつけ、両足が前後一直線になるようにして立ちます。その体勢で目を開いたまま首を左右に傾けます。 これが視覚の変化や三半規管などあらゆる刺激に対してバランスを保つ訓練となりますので続けてみてください。[jikokuhyo.info]

  • 足根管症候群

    症状 足根管症候群で最も多くみられる症状は痛みで、通常は、焼けつくような、またはチクチクするような性質のもので、立ったり、歩いたり、特定の種類の靴を履いたりすると生じます。足首の周辺(普通は内側)に生じ、つま先へと広がる痛みが、通常は歩くと悪化し、安静にすると軽減します。病気が進行すると、安静にしているときも痛むことがあります。[msdmanuals.com]

  • 外傷性脳損傷

    先に反対側の足の踵をつけて一直線上に立つ[ja.wikipedia.org] 、不安)脳震盪の疑いの症状とは、頭痛(プレーを続けることができない程度) ふらつき 霧の中にいる感じ 以下の質問に正しく答えられない(見当識障害・記憶障害) 『自分のチーム名を言いなさい』、『今日は何月何日ですか』、『ここはどこの競技場ですか』、『今は、前半と後半のどちらですか』バランステストとは、『利き足でないほうの足を後ろにして、そのつま先[ja.wikipedia.org]

  • モートン中足骨痛症

    一部の子供は、足のアーチが強固なものではなく、つま先立つときにアーチが見られ、起立の状態ではアーチがなくなることから、柔軟性扁平足と言われています。また、糖尿病や加齢的な変化で、足のアーチを支える靭帯や筋腱が弱くなり、支え切れなくなると扁平足が生じます。足の外傷やリウマチ関節炎など、足のアーチの支えが侵されると扁平足が発生します。[okaseikei.com]

  • 乳腺炎

    指先とつま先が冷たい。 あと昨日の夕飯のシュウマイを変な体勢で立ったまま包んでたせいか、やけに 首と肩のあたりが筋肉痛 だった。 午後からブログ用に漫画でも描こうと思っていたのを諦め、次男の昼寝に合わせて私も少し休むことに。 発熱 羽毛布団と毛布にくるまっているのに寒い。つま先が全然温まらない。湯たんぽが欲しいぐらい。[nanpooblog.com]

  • 脊椎圧迫骨折

    真っすぐに立ち、椅子に座るように膝を曲げていくのがコツで、曲げた膝がつま先より前に出ないように注意しましょう。 5〜6回を1セットとして、1日3セット実施しましょう。 カーフレイズ ゆっくりと踵(かかと)を上げてつま先立ちになり、ゆっくりと下ろしていく運動です。 10回を1セットとして、1日3セット実施するようにしましょう。[ogw-media.com] 転倒しないためには、目をつぶって片足で5秒間立つなどの運動を行うことで踵、つま先、膝、腰の筋肉を鍛えてください。万一、圧迫骨折になったときは、高杉内科外科脳外科病院では「セメント治療」を行っています。[takasugihosp.org]

  • 静脈瘤

    立っている時は、時々つま先立ちになりましょう。座っている時は、つま先とかかとをそれぞれ10回程度上げるとよいでしょう。 土踏まずを刺激 足裏には「足底静脈叢(そくていじょうみゃくそう)」という、静脈血のたまる部位があります。階段のへりや青竹を踏んで土踏まずを刺激することで、ポンプ機能を助ける効果があります。[sawai.co.jp]

さらなる症状