Create issue ticket

考えれる33県の原因 その他脳神経関連する場合がある

つまり: その他脳神経関連する場合があ

  • 慢性外耳炎

    扁桃炎や咽喉頭炎、気管支炎など、よく見られるのどの病気から、声帯ポリープや悪性腫瘍、ぜんそく、アレルギーなどが関連している場合もあります。脳・脳神経の変性疾患や腫瘍などで、のどの感覚異常・運動障害が生じていることもあります。[seino-ent.com]

  • 胚細胞腫瘍

    全身性のリンパ腫が脳に転移する場合と、脳にリンパ腫が発生する場合があり、後者を脳原発悪性リンパ腫(Primary Central Nervous System Lymphoma:PCNSL)と呼び、脳神経外科にて診断・治療する場合が多くなります。PCNSLは1980年代前半まではAIDSとの関連性で注目されていましたが稀な病態でした。[team.tokyo-med.ac.jp]

  • 星細胞腫

    全身性のリンパ腫が脳に転移する場合と、脳にリンパ腫が発生する場合があり、後者を脳原発悪性リンパ腫(Primary Central Nervous System Lymphoma:PCNSL)と呼び、脳神経外科にて診断・治療する場合が多くなります。PCNSLは1980年代前半まではAIDSとの関連性で注目されていましたが稀な病態でした。[team.tokyo-med.ac.jp]

  • 硬膜下血腫

    静脈の断裂による症例では一次的損傷が少ないにも関わらず、特に乳幼児の場合には、出血が急速であれば予後は極めて不良である。 関連項目 [ 編集 ] 硬膜下血腫 脳神経外科学 インカ文明 - この病気を開頭手術で治した痕跡のある頭蓋骨が発見されている。 外部リンク [ 編集 ] 急性硬膜下血腫(日本脳神経外科学会の脳神経外科疾患情報ページ)[ja.wikipedia.org]

  • 脳腫瘍

    全身性のリンパ腫が脳に転移する場合と、脳にリンパ腫が発生する場合があり、後者を脳原発悪性リンパ腫(Primary Central Nervous System Lymphoma:PCNSL)と呼び、脳神経外科にて診断・治療する場合が多くなります。PCNSLは1980年代前半まではAIDSとの関連性で注目されていましたが稀な病態でした。[team.tokyo-med.ac.jp]

  • 椎骨脳底動脈循環不全

    また、これらの検査によって器質的異常が発見されなかった場合、他の検査は関連する他科を受診したうえですすめていくことになるでしょう。 Q.脳神経外科で診ているめまいにはどのような病気が含まれますか?[osaka-med.ac.jp]

  • 脳底型片頭痛

    また、これらの検査によって器質的異常が発見されなかった場合、他の検査は関連する他科を受診したうえですすめていくことになるでしょう。 めまいQ&A TOP 脳神経外科で診ているめまいにはどのような病気が含まれますか?[osaka-med.ac.jp]

  • 退形成乏突起膠腫

    全身性のリンパ腫が脳に転移する場合と、脳にリンパ腫が発生する場合があり、後者を脳原発悪性リンパ腫(Primary Central Nervous System Lymphoma:PCNSL)と呼び、脳神経外科にて診断・治療する場合が多くなります。PCNSLは1980年代前半まではAIDSとの関連性で注目されていましたが稀な病態でした。[team.tokyo-med.ac.jp]

  • 星状細胞腫拡散

    全身性のリンパ腫が脳に転移する場合と、脳にリンパ腫が発生する場合があり、後者を脳原発悪性リンパ腫(Primary Central Nervous System Lymphoma:PCNSL)と呼び、脳神経外科にて診断・治療する場合が多くなります。PCNSLは1980年代前半まではAIDSとの関連性で注目されていましたが稀な病態でした。[team.tokyo-med.ac.jp]

  • 大円形細胞性星細胞腫

    全身性のリンパ腫が脳に転移する場合と、脳にリンパ腫が発生する場合があり、後者を脳原発悪性リンパ腫(Primary Central Nervous System Lymphoma:PCNSL)と呼び、脳神経外科にて診断・治療する場合が多くなります。PCNSLは1980年代前半まではAIDSとの関連性で注目されていましたが稀な病態でした。[team.tokyo-med.ac.jp]

さらなる症状