Create issue ticket

考えれる273県の原因 その他神経障害なし

  • 過食

    これは摂食障害で一般的であり、それには神経性大食症とむちゃ食い障害(過食性障害,ビンジ・イーティング障害)が含まれる。ビンジ・イーティングにおいては、当人は限度を超えた量の食物を急速に消費する。[ja.wikipedia.org] ビンジ・イーティングの診断においてはセルフコントロール喪失感が要素となる 神経性大食症 - 一気に大量のものを食べ過食嘔吐などの代償行為を伴う摂食障害。 むちゃ食い障害(過食性障害)- 一気に大量のものを食べるが代償行為を伴わない摂食障害。 摂食障害 アルコール乱用 / 酒乱[ja.wikipedia.org]

  • 低血糖症

    交感神経刺激症状が出現する血糖閾値は中枢神経症状の閾値に比べて高いため、中枢神経症状症状出現前に交感神経刺激症状を認めるのが一般的である。しかし高齢者や自律神経障害のある患者、低血糖を繰り返している場合や乳幼児では交感神経症状が出ないでいきなり昏睡に至ることがある。これを無自覚低血糖という。[ja.wikipedia.org]

  • むずむず脚症候群

    むずむず脚症候群がなぜ起こるのかは、まだよくわかっていませんが、遺伝性、鉄の欠乏(または代謝異常)、脳内のドパミン神経機能障害などが関与している可能性があると言われています。実際、むずむず脚症候群は同じ家系の人にみられることが多く、関連する遺伝子の研究も進んでいます。[muzumuzu.com] 症状が悪化すると睡眠障害と過度のストレスから「 うつ病 」を招き、最悪の場合、自殺する人もいる恐ろしい病気である。睡眠障害を専門とする 精神科 医や 神経内科 医の診断を受けなければならない。[ja.wikipedia.org] (原因のわからない進行性の神経障害を示す病気)です。[otsuka.co.jp]

  • 末梢神経障害

    パターン8、非対称性の固有感覚障害があり、筋力低下がない 感覚性神経細胞障害神経障害)の原因となるものを考える。[ja.wikipedia.org] ( 2014年6月 ) ニューロパチー ( ニューロパシー [1] 、Neuropathy)は、 末梢神経 の正常な伝導が障害される病態。障害される神経の種類は 運動神経 、 感覚神経 、 自律神経 に及び、ミクロ的な障害部位は 軸索 であったり 髄鞘 ( シュワン細胞 )であったりする。[ja.wikipedia.org] 振動覚の著しい低下と正常の筋力を認める場合は感覚性神経細胞障害や感あっ区制神経障害を疑う。この感覚低下が非対称であった場合や足よりも腕のほうが障害が重篤な場合は感覚性神経細胞障害でみられるような長さ依存性ではない経過の疾患を示唆している。[ja.wikipedia.org]

  • 起立性低血圧

    特発性自律神経障害 純粋自律神経失調(Bradbury-Eggleston症候群) 多系統萎縮症(シャイ・ドレーガー症候群) 自律神経障害を伴うパーキンソン病 二次性自律神経障害 加齢 自己免疫疾患 - ギラン・バレー症候群、混合性結合組織病、関節リウマチ、ランバート・イートン症候群、全身性エリテマトーデス 腫瘍性自律神経ニューロパチー Central[ja.wikipedia.org] 本態性(非神経原性) 薬剤性起立性低血圧 症候性(神経原性) 特発性自律神経障害 二次性自律神経障害 起立性低血圧は、一次的には重力によって血液が下肢に溜まってしまうことが原因で起きる。それによって静脈還流が損なわれ、その結果(スターリングの法則により)心拍出量が減少して動脈圧が低下するのである。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性神経炎

    多発性神経炎(たはつせいしんけいえん)とは、薬物中毒、代謝異常、遺伝性疾患などにより手や足の末梢神経障害を生じる病気である。多発性ニューロパチーとも称される。多発性神経炎と多発性神経根炎に分けることもある。 主に次のような原因がある。 中毒ヒ素や鉛、薬品(医薬品や農薬等)などによるもの。アルコールの慢性中毒によるものもある。[ja.wikipedia.org]

  • 急性中耳炎

    内耳炎 ごくまれに内耳炎を合併し、感音難聴(神経障害による難聴)、めまいを伴う事がある。予後は不良。 安静にし、抗生物質や消炎鎮痛剤を投与する。鼓膜が膨隆していたり耳痛が高度だったりしたときは、鼓膜切開して分泌物を吸引し、抗生物質を点耳する。 小児急性中耳炎に関してはガイドラインが作成されており、それを参考に加療されることが好ましい。[ja.wikipedia.org]

  • 2型糖尿病

    糖尿病性神経障害 3つの合併症の中で最初に出現することが多く、末梢神経障害による手足先端のしびれや感覚の低下、自律神経障害による便秘・立ちくらみ(起立性低血圧)・勃起不全などを引き起こす。また、温痛覚が鈍り他の疾患の自覚症状に乏しくなることがある。臨床的には心筋梗塞の胸痛、重症虫垂炎の腹膜刺激症状、低温やけどなどが重要である。[ja.wikipedia.org] 糖尿病合併症は3つの合併症(糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症)が特徴的であり、総称して細小血管障害と呼ばれる。また、高血糖を引き起こす急性合併症としては、糖尿病性ケトアシドーシス及び高浸透圧高血糖症候群がある。[ja.wikipedia.org] 糖尿病が強く疑われ、現在治療を受けている人で合併症を併発している人の割合は、神経障害で15.6%、網膜症で13.1%、腎症で15.2%、足壊疽で1.6%であった。[ja.wikipedia.org]

  • アシドーシス

    低換気の原因( 換気不全 で考察されている)としては以下のものがある: 中枢神経系の呼吸ドライブを障害する疾患 神経筋伝達を障害する疾患および筋力低下を引き起こすその他の疾患 閉塞性,拘束性,および実質性の肺疾患 低酸素症は,通常低換気を伴う。 呼吸性アシドーシスには急性または慢性のものがある。[msdmanuals.com] 呼吸中枢から換気の指令が十分に行われない場合、これは延髄の呼吸中枢の障害や鎮静剤の抑制効果、代謝性アルカローシスの代償によっておこる。呼吸中枢の命令に応じられない病態としては神経障害や横隔膜をはじめとする呼吸筋の障害や呼吸筋疲労が考えられる。[ja.wikipedia.org]

  • 失神

    起立性低血圧による失神 原発性自律神経障害 純型自律神経失調症、 多系統萎縮、 自律神経障害を伴うParkinson病、レビー小体型認知症 続発性自律神経障害 糖尿病、アミロイドーシス、尿毒症、脊髄損傷 薬剤性 アルコール、 血管拡張薬、 利尿薬、 フェノチアジン、抗うつ薬 循環血液量減少 出血、下痢、嘔吐等 反射性(神経調節性)失神 血管迷走神経性失神[ja.wikipedia.org] 抄録 失神の定義を述べ,その原因より自律神経障害が主に関与する失神,心源性失神,脳血流障害による失神に分類し,主な原因疾患とその症状および鑑別すべき疾患について述べた.[doi.org] 抄録 失神とは脳血流の減少による一過性意識喪失発作で,立位保持が不可能の状態をいう.原因の一つは循環障害による失神で,血管迷走神経性,起立性低血圧,頚動脈洞性などの血管収縮機序異常によるもの,静脈還流障害(咳嗽,排尿失神),また左心拍出量の減少や不整脈によるものが含まれる.他の,一つは循環障害以外の原因で代謝障害(低酸素血症,過呼吸症候群,[doi.org]

さらなる症状

類似した症状