Create issue ticket

考えれる189県の原因 せん妄, 呼吸筋麻痺

  • ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 鎮静が浅くなると再びせん妄状態になってしまうため,鎮静は継続。経過観察目的に入院となった。 家族から話を聞くと,3年ほど前からよく腹痛を訴えるようになり,近くの病院の内科,外科,婦人科などを受診しており,いずれも「検査では異常がない」「原因不明」と言われていたようだ。[igaku-shoin.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • 低カリウム血症

    低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺呼吸麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org] 症状としては2.5 3.5mEq/Lで消化器症状(嘔吐、食欲不振)、骨格症状(脱力、筋力低下、テタニー)、尿濃縮障害(多飲、多尿)、インスリン分泌障害(耐糖能障害)K 2.5mEq/L では四肢麻痺呼吸麻痺、イレウスを来たします。[jhf.or.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 鎮静が浅くなると再びせん妄状態になってしまうため,鎮静は継続。経過観察目的に入院となった。 家族から話を聞くと,3年ほど前からよく腹痛を訴えるようになり,近くの病院の内科,外科,婦人科などを受診しており,いずれも「検査では異常がない」「原因不明」と言われていたようだ。[igaku-shoin.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • 代謝性脳症

    症状 初発症状は、手・指の萎縮と筋力低下を特徴とする。 次第に上肢・下肢の麻痺へと進行する。 進行に伴い言語障害、嚥下障害、呼吸障害が生じる。 感覚障害、膀胱・直腸障害、眼球運動障害、褥瘡の4つが生じにくいことが特徴(4大陰性徴候)。 検査と診断 特異的な診断法はない。初期症状や神経学的所見などをもとに、総合的に診断する。[nurseful.jp] 自発性や集中力の低下、無欲、傾眠傾向、見当識障害、錯乱、せん妄、昏睡、てんかん発作、注視方向性眼振、末梢神経障害、低体温、低血圧、嗄声と嚥下障害もみられます。[neurology-jp.org] 嘔気、嘔吐からはじまり、意識障害(失見当識、健忘、作話、傾眠、せん妄、幻覚)、眼振・眼球運動障害、難聴・耳鳴・眩暈、小脳性運動失調、多発神経炎、発熱、頻脈・心肥大などが出現、昏睡に至る。[www2.nms.ac.jp]

  • サリチル酸中毒

    せん妄状態であったため,リスクとベネフィットを考えて活性炭・ネオスチグミンは投与せず。家族に付き添いをお願いし入院。翌日意識清明となり,第3病日家族に付き添われ,精神科外来を受診。 Further reading 1)Flomenbaum N, et al.[igaku-shoin.co.jp] 重症例では呼吸麻痺をきたす。 b)治療 1)副交感神経遮断薬が効果的。アトロピン2 10Aを静注。その後、 30分毎に1 5A追加。瞳孔の散瞳傾向が認められたら30分毎に 1 2Aを皮下注する。アトロピンの使用量は瞳孔散大、口内乾燥、 頻脈の出現を目安として調節する。[nms.co.jp] 原因としては ①呼吸中枢の障害 …薬剤、慢性高CO2血症におけるO2吸入、脳神経障害、心停止 ②呼吸と胸郭の異常(拘束性肺胞低換気) …重症無力症、ポリオ、周期性四肢麻痺、胸郭脊椎変形、極度の肥満 ③肺におけるガス交換の障害(閉塞性低換気) …肺水腫、肺炎、呼吸窮迫症候群 ④人工的CO2吸入 などがあげられます。[guides.lib.kyushu-u.ac.jp]

  • 延髄灰白髄炎

    感染者の200人に1人に下肢麻痺が出現し、そのうち5-10%が呼吸麻痺により死亡すると言われています。 治療法 特異的な治療法はありません。 予防等 ワクチン接種による予防が主体です。[forth.go.jp] 錯乱、せん妄 錯乱、せん妄があらわれることがあるので、このような場合には、減量又は投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 無気肺、気管支痙れん、喉頭浮腫 無気肺、気管支痙れん、喉頭浮腫があらわれるとの報告がある。[kegg.jp] 一方の下肢に麻痺が見られる例が多いのですが、上肢、下肢、体幹、嚥下、全身に発症します。延髄や呼吸を冒されると球麻痺と言って、呼吸が出来なくなり、人工呼吸器が出来るまでは死亡率は極めて高かったのです。[jigh.org]

  • ベンゾジアゼピン系過剰摂取

    せん妄・幻覚 がん患者においては、さまざまな要因でせん妄 * 1 などの認知機能障害が出現するといわれており、原因を鑑別する必要がある。 オピオイドによる幻覚、せん妄は投与開始初期や増量時に出現することが多い。 オピオイド以外の原因薬剤としてベンゾジアゼピン系抗不安薬、抗コリン薬 * 2 などには特に注意が必要である。[jspm.ne.jp] 重症例では呼吸麻痺をきたす。 b)治療 1)副交感神経遮断薬が効果的。アトロピン2 10Aを静注。その後、 30分毎に1 5A追加。瞳孔の散瞳傾向が認められたら30分毎に 1 2Aを皮下注する。アトロピンの使用量は瞳孔散大、口内乾燥、 頻脈の出現を目安として調節する。[nms.co.jp] バルビツール酸系薬剤の大量摂取からの離脱は,急激で生命を脅かす可能性のある振戦せん妄に似た離脱症候群を引き起こす。ときには,1 2週間にわたる適正な離脱管理後にも痙攣発作が起きることがある。[msdmanuals.com]

  • バルビツール酸系過量服薬

    重症例では呼吸麻痺をきたす。 b)治療 1)副交感神経遮断薬が効果的。アトロピン2 10Aを静注。その後、 30分毎に1 5A追加。瞳孔の散瞳傾向が認められたら30分毎に 1 2Aを皮下注する。アトロピンの使用量は瞳孔散大、口内乾燥、 頻脈の出現を目安として調節する。[nms.co.jp] 抗精神病薬は、一般的にせん妄の一次選択薬剤である。しかし、せん妄の原因がアルコールや鎮静催眠薬の離脱である場合には、ベンゾジアゼピンが第一選択である。[katation.exblog.jp] また薬の中断によってせん妄や痙攣発作などの退薬症候を生じることが考えられるため、睡眠改善目的での限定的となっていて、慢性的な不眠の改善に使われる睡眠薬としては本剤に比べ依存や耐性などの懸念がより少ない ベンゾジアゼピン系睡眠薬 や 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬 などが主流となっている。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 敗血症性塞栓

    気道狭窄や呼吸麻痺呼吸中枢障害、神経伝達障害、COPDが進行している状態、DIC、肺塞栓などがこれになります。[kango-oshigoto.jp] CQ11:鎮痛・鎮静・せん妄管理 CQ11-1: 成人ICU患者のせん妄に関連した臨床的アウトカムはどうなるか? CQ11-2: 成人ICU患者に対し,非薬物的せん妄対策プロトコルはせん妄の発症や期間を減少させるために使用すべきか?[minds.jcqhc.or.jp] 妄・鎮静・鎮痛 (鶴田良介) ICUせん妄/鎮静/鎮痛[sogo-igaku.co.jp]

  • 多発性神経炎

    重症化すれば呼吸麻痺にいたります。 解説 末梢神経系に炎症が生じ、髄鞘とよばれる神経線維を取り囲む組織が破壊されることによっておこる病気です。髄鞘が破壊されることを脱髄と呼びます。ギランバレー症候群は末梢神経の代表的脱髄疾患です。症状が出現する数日 数週間前に呼吸器系や消化器系の感染症が多くの例でみられます。[kanden-hsp.jp] ベル麻痺) 神経痛性萎縮症(腕神経叢炎):急性・肩痛・上腕萎縮 腰部椎間板ヘルニア:急性・下肢のしびれ ギランーバレー:急性又は亜急性・四肢脱力・四肢麻痺呼吸麻痺 感覚障害(あっても軽い)・ヒステリーと間違うことあり 変形性脊椎症:慢性・手足のしびれ・左右非対称・運動障害 多発性神経炎:慢性・進行性・左右対称性にしびれが上行(糖尿病[ibaraisikai.or.jp] 睡眠障害(不眠、眠気)、精神症状(抑うつ、せん妄)、自律神経症状(便秘、起立性低血圧)が出現することもあります。 治療方法 ドパミンの働きを補う薬物を投与することで症状の改善を図ります。現在多数の薬剤が使用でき、それらをうまく組み合わせて症状をコントロールします。リハビリテーションも並行して行います。[kanden-hsp.jp]

さらなる症状

類似した症状