Create issue ticket

考えれる743県の原因 せん妄

  • せん妄

    認知症高齢者にしばしばみられる夜間せん妄、 アルコール精神病 でみられる 作業せん妄 (仕事に従事している動作を繰り返す)、手術後にみられる 術後せん妄 などがある。 せん妄は高齢者や認知症や 脳血管障害 等など器質性脳疾患を有する場合に特に多い。[bsd.neuroinf.jp] ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 せん妄 せんもう delirium それほど強くない 意識障害 に 幻覚 ,妄想や運動不安が加わった精神状態。慢性の アルコール依存症 ,老人性精神病,糖尿病その他の症状精神病で多くみられ, 心因反応 の場合にも現れることがある。慢性アルコール依存症では振戦せん妄がみられる。[kotobank.jp] 入院する高齢患者の10%以上にせん妄があり,15 50%は入院期間中いずれかの時点でせん妄を経験する。術後患者,介護施設入居者,およびICU患者でも,せん妄がよくみられる。より若年者がせん妄を発症した場合,通常は薬物使用か生命を脅かす全身性疾患が原因である。[msdmanuals.com]

  • 脳震盪

    2018/7/16(月) 11:40 (写真:ロイター/アフロ) サッカーのワールドカップロシア大会は、フランスとクロアチアによる決勝戦が行われ、フランスが4-2でクロアチアを下し、1998年以来2度目の優勝を果たした。 試合が始まる前、私はフランスのマテュイディの姿を探していた。マテュイディは10日のベルギーとの準決勝で脳震盪を起こしていたように見えたからだ。私は現場で取材していない。だから、正確に言うと、テレビ中継の画面を注視していた。[…][news.yahoo.co.jp]

  • 心不全

    心不全(しんふぜん、英: heart failure)は、心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指す。[…][ja.wikipedia.org]

  • アルコール離脱

    今回も内科入院中に離脱せん妄を起こし当院に転入院となった。隔離してアリピプラゾール液12ml単剤でせん妄治療中の入院6日目に意識状態回復し隔離解除と帰宅を強く求め、専門治療の勧めは強固に拒絶した。再びせん妄状態を呈したが、10日目には回復し17日目には一般病室に移動した。[researchmap.jp] また壁のしみが人の顔に見えるなどの錯視や、作業せん妄(例えば大工がくぎを金づちで打つ動作といった職業上・生活上行っている行為を意識障害下に再現すること)が出現することもあります。 これらの症状も、最終的には深い眠りに入ったあと回復します。[e-healthnet.mhlw.go.jp] アルコール依存症は断酒後に、1)自律神経症状や離脱せん妄などの離脱症候群、2)ときに遷延する離脱せん妄、3)さらにアルコール性肝硬変が存在すると肝性脳症へ移行しやすい。これらは二次性痴呆などの重篤な後遺症を残す場合がある。今回これらを可能な限り減少させるために、1〜3)の症例を対象に新しい治療を試みた。[kaken.nii.ac.jp]

  • 脳溢血

    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかっていませんでした。 厚生労働省では、以下のように定義しています。 “脳卒中”とは・・・、 「脳の血管が詰まったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、 細胞が死んでしまう病気」 さらに、“脳卒中”は、その原因の違いにより、以下の3種類に分類されています。 1. 脳梗塞 脳の血管がつまったり、狭くなったりして血流が悪くなる 2. 脳出血 脳の中の細かい血管が破れて、脳内に出血する 3. くも膜下出血 脳動脈にできたこぶ(動脈瘤)が破れて、脳の表面に出血する ※ “脳溢血[…][feel-japan.net]

  • 髄膜炎

    髄膜炎(ずいまくえん)とは、髄膜(脳および脊髄を覆う保護膜)に炎症が生じた状態である。脳膜炎、脳脊髄膜炎ともいう。炎症はウイルスや細菌をはじめとする微生物感染に起因し、薬品が原因となることもある。髄膜炎は炎症部位と脳や脊髄との近接度合いによっては生命の危険があるため、救急疾患に分類される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症

    医師に相談すると「せん妄を伴う離脱症状」と説明されました。 症 状 依存性物質をやめた時の離脱症状のなかには、せん妄を伴うものがあります。特に、アルコール離脱による振戦せん妄は、生命を脅かすことのある中毒性錯乱状態です。 主な症状は、脈が早くなったり、発熱したり、著しく汗をかくなどの「自律神経機能亢進」。[e-heartclinic.com] ICD10コード F10: アルコール使用 による精神及び行動の障害 病名 ICD10 コード 1 アルコール中毒せん妄 F100 2 急性アルコール中毒 F100 3 宿酔 F100 4 単純酩酊 F100 5 病的酩酊 F100 6 複雑酩酊 F100 7 アルコール乱用 F101 8 アルコール依存症 F102 9 アルコール離脱状態[0004s.com] 飲酒の減量または中止後1週間以内に出現するせん妄(もう)(意識状態の変化)と自律神経機能の亢進(こうしん)(頻脈や発汗など)を示す場合をアルコール離脱せん妄(従来の診断名は振戦せん妄)という。活発な幻視を伴うが、おもに虫やネズミなどの小動物の幻視が多い。また、離脱期の通常48時間以内に鮮明な幻聴を体験することがある。[japanknowledge.com]

  • 硬膜下血腫

    何やら難しい名前の病気ですが、簡単にいうと脳を包む硬膜という膜と脳の間に血液の塊(血腫)ができてしまう状態を指します。高齢者やお酒をよく飲む方に多いとされており、こけた拍子に頭を軽くぶつけたり、尻もちをついたりした後にジワジワと出血が進行してできた血腫が脳を圧迫してしまい、頭痛、嘔吐、歩行障害、麻痺、記憶力低下などの症状が出てきます。この病気はその血腫を手術で除去すれば速やかに症状が回復するのですが、注意しなければならないのは、きっかけとなる転倒などが起こってから1 3ヶ月程度をかけて血腫が大きくなってから症状が出現することです。[…][aramaki-clinic.jp]

  • ポルフィリン症

    鎮静が浅くなると再びせん妄状態になってしまうため,鎮静は継続。経過観察目的に入院となった。 家族から話を聞くと,3年ほど前からよく腹痛を訴えるようになり,近くの病院の内科,外科,婦人科などを受診しており,いずれも「検査では異常がない」「原因不明」と言われていたようだ。[igaku-shoin.co.jp] その他、意識障害・痙攣等の中枢神経症状や不穏・うつ症・せん妄・幻覚等精神症状をきたすこともあり、さらには分裂症と誤診されることもある。重篤な場合には球麻痺症状を来して死亡することもある。高血圧・頻脈等の循環器症状も早期から良く見られる症状で、経過をよく反映する。[med.kindai.ac.jp] しかし,数週間後,今回と同じようにせん妄状態となり当院へ救急搬送。そして同様の経過をたどり,数日後には精神状態は正常に戻っていった。 思い悩んだ担当医は,ここでひとつの疾患の可能性に気が付き,ある検体検査を施行。数日後に届いた検査結果を見て,ついに診断に至ることとなる。[igaku-shoin.co.jp]

  • 代謝性脳症

    自発性や集中力の低下、無欲、傾眠傾向、見当識障害、錯乱、せん妄、昏睡、てんかん発作、注視方向性眼振、末梢神経障害、低体温、低血圧、嗄声と嚥下障害もみられます。[neurology-jp.org] 嘔気、嘔吐からはじまり、意識障害(失見当識、健忘、作話、傾眠、せん妄、幻覚)、眼振・眼球運動障害、難聴・耳鳴・眩暈、小脳性運動失調、多発神経炎、発熱、頻脈・心肥大などが出現、昏睡に至る。[www2.nms.ac.jp] 〈鑑別診断〉 ウェルニッケ–コルサコフ症候群,アルコール離脱せん妄,低血糖,低ナトリウム血症,代謝性アルカローシス,非痙攣性てんかん重積,慢性または急性硬膜下血腫などが鑑別となる。特に非痙攣性てんかん重積は,三相波がてんかん波と類似しており,鑑別は難しい。[ds-pharma.jp]

さらなる症状

類似した症状