Create issue ticket

考えれる8県の原因 すくみ足

  • パーキンソン病

    すくみ あたかもの裏が地面に張り付いたようになってが前に出ない状態です。上肢のすくみ、言葉のすくみなどもあります。進行期に出やすく、突進歩行とともに転倒の原因になります。歩行開始時、方向転換時、狭い場所で現れやすくなります。[agmc.hyogo.jp] 進行例では、歩行時にが地面に張り付いて離れなくなり、いわゆるすくみが見られる。方向転換するときや狭い場所を通過するときに障害が目立つ。 パーキンソン病では上記の運動症状に加えて、意欲の低下、認知機能障害、幻視、幻覚、妄想などの多彩な非運動症状が認められる。[nanbyou.or.jp] これらにより、日常生活においては歩行が障害されたり(前傾姿勢、小歩、すり足、進行するとすくみや突進歩行)、手の動作が不自由になったり(書字やボタンかけが困難、食事困難)、表情が乏しくなったり(仮面様顔貌)、声が小さくなったり、動作がゆっくりになってきます。一人の患者さんにこれらの症状が、すべてが現れるわけではありません。[agmc.hyogo.jp]

  • パーキンソン病 3型
  • パーキンソン-痴呆症候群
  • ショック

    アゾレス諸島は7つの島からなるが、そのどれもが火山島で、島にある山頂上に登ると、足下に深い火口がぽっかり口を開けていてすくむ(右の写真 島村英紀撮影)。ここでは雨が降ると約2日後に、被害は起こさないが人間が感じる程度の地震が起きる。つまり火山のカルデラに雨がしみこんで、その地下水が地震を起こすのである。[shima3.fc2web.com]

  • メチルフェニルテトラヒドロピリジン
  • パーキンソン病
  • レボドパ

    すくみ(歩行開始時に第一歩を踏み出せない)、小刻み歩行、前傾姿勢、突進歩行などが挙げられる。多くの症例で、特に病初期に症状の左右差がみられる(一側性)。進行すると両側性に症状が現れ、左右差はなくなることが多い。マイヤーソン徴候(Myerson symptom)なども診断の参考になる。[ja.wikipedia.org]

  • ジストニア

    すくみの頻度も高い。約1/3の症例で精神症状(行動障害あり)か前頭側頭葉型認知症が見られる。症例によっては運動症状が明らかでなく、精神症状で推移する場合もある。網膜色素変性症は通常合併しない。 中間表現型と呼ばれる10歳代以前に発症するが進行が遅い型、10歳代に発症し進行が速く20歳代に歩行不能となる例などがある。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状