Create issue ticket

考えれる50県の原因 ざ瘡様発疹

  • 尋常性ざ瘡

    一部の薬物および化学物質(例,コルチコステロイド,リチウム,フェニトイン,イソニアジド)は,を悪化させたり,発疹を引き起こしたりする。 症状と徴候 皮膚病変と瘢痕は,大きな精神的苦痛の原因となることがある。結節および嚢腫は疼痛を伴うことがある。個々の段階では各種の病変が併存する。 面皰は白色面皰または黒色面皰として出現する。[msdmanuals.com] (L70.5) ステロイド(L70.8) 膿痂疹性(L70.8) (L70.9) 発疹(L70.9) 顔面(L70.9) 口囲ざ瘡(L70.9) 類似の所見を示す副作用や別の疾患と区別する為、下記疾患との鑑別を行う。[ja.wikipedia.org] 皮下組織の疾患 L60-L75 皮膚付属器の障害 L70 ざ瘡顔面尋常性ざ瘡(L70.0) 尋常性ざ瘡(L70.0) 膿疱性ざ瘡(L70.0) 面皰(L70.0) 集簇性ざ瘡(L70.1) 粟粒性壊死性ざ瘡(L70.2) 痘瘡性ざ瘡(L70.2) 熱帯性ざ瘡(L70.3) 小児ざ瘡(L70.4) 新生児ざ瘡(L70.4) 若年性女子表皮剥離性[ja.wikipedia.org]

  • 酒さ

    酒さ(酒皶、しゅさ、Rosacea)とは、顔に生じる皮膚疾患のひとつ。酒焼けとも呼ばれる。 日光、ストレス、寒暖や風、運動、化粧品などがきっかけとなりやすい。治療は軽症から中等症では、第一選択はメトロニダゾール(抗菌薬)やアゼライン酸。きっかけを避け、日光から防御し、ステロイドの使用は避ける。 顔がほてり、鼻や頬の血管が炎症を起こし、真っ赤になるように見える。脂腺、汗腺の疾患とされている。浮腫を伴うこともある。 きっかけとなりやすいのは以下。 日光 81% 精神的ストレス 79% 猛暑 75% 風 57% 激しい運動 56% アルコール52% 寒い天気 46% 香辛料 45%[…][ja.wikipedia.org]

  • クッシング症候群
  • 結節性硬化症

    (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 結節性硬化症とは 結節 性硬化症は全身の疾患で、皮膚、神経系、腎、肺、骨などいろいろなところに 過誤腫 と呼ばれる良性の腫瘍や過誤組織と呼ばれる 先天性 の病変ができる病気です。以前は皮膚と神経系の症状が主であると考えられ、皮膚にあざの様な症状(母斑)が出ることから、 神経皮膚症候群[…][nanbyou.or.jp]

  • 虫刺症

    過敏症:皮膚の刺激感,発疹等 2. 皮膚の感染症 3. その他の皮膚症状:長期連用により,発疹,酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎(ほほ,口囲等に潮紅,丘疹,膿疱,毛細血管拡張),ステロイド皮膚(皮膚萎縮,毛細血管拡張,紫斑),多毛,色素脱失等。また,ときに魚鱗癬様皮膚変化 4.[sfg21.com]

  • 結節性紅斑

    この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、皮膚の刺激感、発疹発疹、皮膚乾燥、かゆみなどが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。[rad-ar.or.jp] 図19 べーチェト病の口腔内アフタ 図20 ベーチェット病の陰嚢潰瘍 図21 ベーチェット病の発疹 図22 ベーチェット病の結節性紅斑[dermatol.or.jp]

  • 乳房ページェット病

    頻度の多いものでは、薬物療法による薬疹や放射線皮膚炎、最近注目されているEGFR阻害薬による皮膚症状(発疹、皮膚乾燥、爪囲炎)などが挙げられます。これらに対し、適切な内服、外用治療を行えるよう当院皮膚科では努めています。また他臓器のがんが皮膚に影響を及ぼし、腫瘤や出血、治りにくいキズとなることがあります。[tachikawa-hosp.gr.jp]

  • 乳房パジェット病

    頻度の多いものでは、薬物療法による薬疹や放射線皮膚炎、最近注目されているEGFR阻害薬による皮膚症状(発疹、皮膚乾燥、爪囲炎)などが挙げられます。これらに対し、適切な内服、外用治療を行えるよう当院皮膚科では努めています。また他臓器のがんが皮膚に影響を及ぼし、腫瘤や出血、治りにくいキズとなることがあります。[tachikawa-hosp.gr.jp]

  • 妊娠性そう痒性蕁麻疹様丘疹

    発疹、酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎(頬、口囲等に潮紅、丘疹、膿疱、毛細血管拡張)、ステロイド皮膚(皮膚萎縮、毛細血管拡張、紫斑)、多毛、色素脱失、魚鱗癬様皮膚変化) 通常1日2 3回、適量を患部に塗布する。[mhlw.go.jp] また、ステロイド、魚鱗癬皮膚変化、一過性皮膚刺激感、皮膚乾燥が現れることがある。 3).過敏症(頻度不明):塗布部に紅斑、発疹、蕁麻疹、そう痒、皮膚灼熱感、接触性皮膚炎等の過敏症状が現れた場合は、使用を中止する(なお、これらの症状は原疾患の症状に類似している場合がある)。[medical.nikkeibp.co.jp] ・長期連用により、発疹、酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎(ほほ、口囲等に潮紅、丘疹、膿疱、毛細血管拡張を生じる)、ステロイド皮膚(皮膚萎縮、毛細血管拡張、紫斑)、多毛及び色素脱失等があらわれることがある。また、ときに魚鱗癬様皮膚変化、一過性の刺激感、乾燥があらわれることがある。[mhlw.go.jp]

  • 基底細胞癌

    頻度の多いものでは、薬物療法による薬疹や放射線皮膚炎、最近注目されているEGFR阻害薬による皮膚症状(発疹、皮膚乾燥、爪囲炎)などが挙げられます。これらに対し、適切な内服、外用治療を行えるよう当院皮膚科では努めています。また他臓器のがんが皮膚に影響を及ぼし、腫瘤や出血、治りにくいキズとなることがあります。[tachikawa-hosp.gr.jp]

さらなる症状