Create issue ticket

考えれる2県の原因 さまざまな頻度と重

  • 妊娠中の子宮断裂

    3) 常位胎胎盤早期剥離 常位胎盤早期剥離(以下「早剥」)とは、正常位置に付着した胎盤が、胎児が娩出する前に子宮壁より剥離するもので、胎盤の剥離部からの出血により、出血性ショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)、腎不全などさまざまな合併症を併発し、篤な症状があらわれます。[sids.gr.jp] 早剥の頻度は、全妊娠の約0.2 1.2%で、胎盤のはがれ方により出血量がかわり、その重症度も異なってきます。剥離部が小さい軽症例では、分娩後の胎盤所見から早剥がわかるくらいで、母児ともに予後も良好ですが、剥離部が大きい重症例となれば、胎児死亡率が60 80%、母体死亡率も約10%といわれます。[sids.gr.jp]

  • 出生時または出生後まもなく死亡

    3) 常位胎胎盤早期剥離 常位胎盤早期剥離(以下「早剥」)とは、正常位置に付着した胎盤が、胎児が娩出する前に子宮壁より剥離するもので、胎盤の剥離部からの出血により、出血性ショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)、腎不全などさまざまな合併症を併発し、篤な症状があらわれます。[sids.gr.jp] 早剥の頻度は、全妊娠の約0.2 1.2%で、胎盤のはがれ方により出血量がかわり、その重症度も異なってきます。剥離部が小さい軽症例では、分娩後の胎盤所見から早剥がわかるくらいで、母児ともに予後も良好ですが、剥離部が大きい重症例となれば、胎児死亡率が60 80%、母体死亡率も約10%といわれます。[sids.gr.jp]

さらなる症状