Create issue ticket

考えれる152県の原因 この患者は2歳で死亡

  • インスリン抵抗性

    また、血糖コントロールの良否が死亡時年齢に影響を与え、男性で2.5、女性で1.6歳短命であった。更に、糖尿病患者の平均死亡時年齢は、男性68.0歳、女性71.6歳で同時代の日本人一般の平均寿命に対し、男性9.6歳、女性13.0歳短命であった。[ja.wikipedia.org]

  • 化膿レンサ球菌

    患者死亡者の年齢分布を見ると30以上が80%以上を占めている。(表) 209名の内12名はC・G群により劇症型感染症を起こしているが197名はA群溶血レンサ球菌により発症している。197株の型別を見るとT-1型が72株:36.5%、T-3型が38株:19.3%で全体の半数以上を占めている。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]

  • 糖尿病

    65以上の糖尿病患者の16%は脳卒中で死亡1) 糖尿病患者の50-80%が心血管疾患で死亡) 40以上の糖尿病患者のうち29%が網膜症を有する。[ujitoku.or.jp] また、血糖コントロールの良否が死亡時年齢に影響を与え、男性で2.5、女性で1.6歳短命であった。更に、糖尿病患者の平均死亡時年齢は、男性68.0歳、女性71.6歳で同時代の日本人一般の平均寿命に対し、男性9.6歳、女性13.0歳短命であった。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    数字で見るCOPD(慢性閉塞性肺疾患) 40以上 の患者数は 530万人 詳しく見る 年間医療費 は、 2兆1,507億円 詳しく見る 年間死亡数 は、 1万6,184人 詳しく見る COPDは世界の死因の 第4位 COPDの患者さんが肺がんになる確率は、COPDでない人の 5倍 COPDの予防と治療 COPDで傷付いた肺を元に戻す方法はありません[seikatsusyukanbyo.com]

  • シュードモナス属

    その他、流産の原因となったり、妊婦の子宮内感染では胎児敗血症、新生児の死亡の原因となる。日本では患者/3が5以下。 ステロイド剤や免疫抑制剤の使用は本症(日和見感染)を誘発する。 欧米を中心に食品を介した集団発生がしばしば報告されている。 致死率が高く、妊婦(新生児)、高齢者、免疫機能の低下したヒトなどは特に感受性が高い。[au-techno.com]

  • 2型糖尿病

    また、血糖コントロールの良否が死亡時年齢に影響を与え、男性で2.5、女性で1.6歳短命であった。更に、糖尿病患者の平均死亡時年齢は、男性68.0歳、女性71.6歳で同時代の日本人一般の平均寿命に対し、男性9.6歳、女性13.0歳短命であった。[ja.wikipedia.org]

  • 冠動脈塞栓症

    は術後11日目に死亡した.症例 2:55男性.両下肢急性動脈閉塞にて来院.血管造影で下腿 3 分枝の多発性の閉塞あり.CTにて壁在血栓なし.血管造影施行後腹痛出現,CT,血管造影にて上腸間膜動脈の急性閉塞及び後腹膜腔出血あり.経食道エコーで大動脈弓部にわずかに壁在血栓を認め,カテーテルの操作中ここより血栓が剥れ塞栓となったと考えられた.両下肢切断及[jsvs.org] 1:55歳男性.心肺停止にて,IABP,PCPS挿入.経食道エコーでバルサルバ洞,左冠動脈及び上行弓部大動脈にかけて壁に付着する塊状エコーあり.AMIを来しており,血栓溶解療法施行.翌日手術施行,上行大動脈壁に直径 3 cmの潰瘍形成及びそこから左冠動脈入口部を閉塞するように存在する血栓あり,上行大動脈置換術及び冠動脈バイパス術を行った.患者[jsvs.org]

  • 後壁心筋梗塞

    STEMI患者における30日時点の死亡リスク スコア 危険因子 点数 年齢75以上 3 年齢65 74歳 2 糖尿病,高血圧,狭心症 1 収縮期血圧 100mmHg 3 心拍数 100/分 2 Killip分類クラスII IV 2 体重 67kg 1 前壁ST上昇または左脚ブロック 1 治療開始までの時間 4時間 1 とりうる合計点数 0[msdmanuals.com]

  • 心房細動

    Sci Rep 2016; 6: 30271) AFの入院患者では、腎不全が年齢75以上、がん、肺疾患などと並ぶ全死亡のリスク因子であるとの報告もあり 8) 、腎機能低下はAF患者における全死亡の主要なリスク因子と考えられます。[medical-tribune.co.jp] また、推算糸球体濾過量(eGFR)の低下に伴い全死亡率は有意に増加することが報告されています(P 0.0001、Log-rank検定、 図2 )。 (Boriani G, et al.[medical-tribune.co.jp]

  • 肺炎レンサ球菌

    患者死亡者の年齢分布を見ると30以上が80%以上を占めている。(表) 209名の内12名はC・G群により劇症型感染症を起こしているが197名はA群溶血レンサ球菌により発症している。197株の型別を見るとT-1型が72株:36.5%、T-3型が38株:19.3%で全体の半数以上を占めている。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]

さらなる症状