Create issue ticket

考えれる11県の原因 かかった女性は不妊

  • 性感染症

    かかると男性は尿道炎を引き起こしますが、女性は自覚症状がないことが多く不妊の原因となることがあります。性行為により感染しますが、コンドームの正しい使用、不特定多数の相手と無防備なセックスをしないことで感染を防ぐことができます。もしかかってしまったら、自分だけでなくパートナーにも検査をすすめ二人で治療を受けてください。[city.higashiosaka.lg.jp]

  • クラインフェルター症候群

    クラインフェルター症候群の患者さんだけでなく、不妊治療の段階で妊娠しにくいとされる疾患が判明した際、本人だけでなく、パートナーである女性も疾患を受け入れるまでに時間がかかることも少なくありません。[kango-oshigoto.jp] 看護師は本人とそのパートナーが今後も不妊治療を続ける中で、精神的なサポートができるように、また本人達の気持ちや不安を軽減できるような関わり方が求められます。 看護師自身が疾患を理解していないと、患者さんへの対応や接し方に困惑することもあるかもしれません。[kango-oshigoto.jp]

  • 精索静脈瘤

    これは精子の作りはじめから精子として射出されるまで約3ヶ月かかるためです。 婦人科治療を中断する必要がありますか? 不妊治療は、女性の年齢が重要で、女性を待たせるわけにはいきません。そこで、手術時期は、連携医療機関と協力し、受診日から1カ月以内に行うようにしています(2013年10月現在)。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 子宮頚部びらん

    自覚症状が軽いものが多いため、感染者が治療を怠りやすく不妊などの後遺症や生殖器のがん、HIV感染にかかりやすくなる等の問題点を含み、特に生殖年齢にある女性への感染においては、母子感染における次世代への影響も心配されます。[toshiko-lc.com]

  • 卵管閉塞

    女性不妊の一般検査 初診時スクリーニング検査 感染症 末梢血 肝機能 腎機能 血液型 TSH クラミジア抗体採血(IgA IgG) 超音波検査 排卵時期の推定、子宮内膜厚、排卵の確認、卵巣腫大や子宮筋腫のチェックを行います。 子宮卵管造影検査(生理終了 排卵まで) 卵管通過性と子宮形態を調べます。[reposaka.jp] 男性の検査は1 2回の通院ですみますが、女性の検査は生理周期に合わせたチェック項目が多く最低1ヶ月かかります。 そのため、初診から夫婦揃って検査を受けるようにすると、効率よく治療を進めることができます。 妊娠治療は、スピードが命です。[reposaka.jp]

  • 先天性精管欠如

    検査自体は時間もかからず、女性に比べると行いやすいもの。もし自身の精子の健康状態が心配という方は、早めに検査を受けることをオススメする。 遅れをとる男性不妊の医療…男性ができること 第1回で小堀氏が語った男性不妊と女性不妊の歴史的な認識の違いにより、現状男性不妊の医療は、女性不妊の医療に大幅に遅れをとっている。[houdoukyoku.jp]

  • 精索損傷

    検査自体は時間もかからず、女性に比べると行いやすいもの。もし自身の精子の健康状態が心配という方は、早めに検査を受けることをオススメする。 遅れをとる男性不妊の医療…男性ができること 第1回で小堀氏が語った男性不妊と女性不妊の歴史的な認識の違いにより、現状男性不妊の医療は、女性不妊の医療に大幅に遅れをとっている。[houdoukyoku.jp]

  • 先天性腹膜癒着

    女性不妊の一般検査 初診時スクリーニング検査 感染症 末梢血 肝機能 腎機能 血液型 TSH クラミジア抗体採血(IgA IgG) 超音波検査 排卵時期の推定、子宮内膜厚、排卵の確認、卵巣腫大や子宮筋腫のチェックを行います。 子宮卵管造影検査(生理終了 排卵まで) 卵管通過性と子宮形態を調べます。[reposaka.jp] 男性の検査は1 2回の通院ですみますが、女性の検査は生理周期に合わせたチェック項目が多く最低1ヶ月かかります。 そのため、初診から夫婦揃って検査を受けるようにすると、効率よく治療を進めることができます。 妊娠治療は、スピードが命です。[reposaka.jp]

  • 流行性耳下腺炎

    片方の卵巣の症状が重症でダメージを負ってしまっても、健全な卵巣からきちんと排卵されますので、女性の場合もおたふく風邪によって不妊になることは稀です。 妊婦、妊娠中のおたふくかぜ 妊娠中におたふく風邪にかかっても、赤ちゃんの奇形にはつながらないと言われています。[city.higashimatsuyama.lg.jp]

  • 卵巣異形成

    一般外来受診後に、病状に応じて各専門外来におかかりいただくことになります。なお、不妊外来、IVF外来、ヘルスケア外来、子宮内膜症外来、子宮腺筋症外来、着床外来、女性アスリート外来については、各専門外来宛の紹介状をお持ちの場合には、初診で専門外来を受診していただくことも可能です。病院の予約センターにお問い合わせください。[h.u-tokyo.ac.jp]

さらなる症状