Create issue ticket

考えれる139県の原因 うつ病, 脊髄精神的外傷

  • ビタミンB12欠乏

    神経症状は、思考力の低下やうつ病、興奮、情緒不安定(イライラ)などの性格の変化がある。 痺れ、反射の変化、味覚症害、 心機能低下、生殖率低下などがある。子供にみられる症状は成長障害、 発達障害、運動障害などがある。早期に治療されなかった場合、生涯的な症状障害になりえる。 小児の場合、脳発達障害や成長障害。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 更年期障害
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 不眠症

    日本うつ病学会、気分障害のガイドライン作成委員会. 2014年3月20日閲覧。.[ja.wikipedia.org] 近年は、うつ病にかかる人が増えています。単なる不眠だと思っていたら実はうつ病だったというケースも少なくありません。「早期覚醒」と「日内変動(朝は無気力で夕方にかけて元気がでてくる)」の両方がみられる場合には早めに専門医を受診してください。 薬や刺激物 治療薬が不眠をもたらすこともあります。[e-healthnet.mhlw.go.jp] 特にうつ病では、初期に不眠のみを訴える場合が多いため注意が必要である。この場合、早朝覚醒、熟睡感欠如、休息感欠如、朝の離床困難が比較的特徴的である。この場合、うつ病の診断と適切な精神科的治療がなされないと睡眠薬のみの投与では改善しない。うつ病が疑われた場合には、速やかに専門医による診断・治療が必要である。[mhlw.go.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • うつ病
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • アルツハイマー病

    すなわち、この受容体に作用する薬剤によって、アルツハイマー病やパーキンソン病、うつ病や統合失調症に至るまで、広範な病気を治療できる可能性がある。 ニコチンは、アセチルコリンの代わりにニコチン性受容体と結合するが、粗雑な代用物でしかない。[wired.jp] うつ病の仮性認知症と薬物惹起性の認知症様状態が有名です。 スピロヘータ、HIVウイルス、プリオンなどによる感染症が認知症の原因となることもあります。 ところで今日、軽度認知障害という用語がアルツハイマー病など認知症の前駆状態を意味する状態という意味で使われるようになっています。[mhlw.go.jp] うつ病の既往や家族歴はアルツハイマー型認知症を中心とする認知症の危険因子とされている。妄想、焦燥も早期のアルツハイマー型認知症でよくみられる症状である。身近なものを盗られた(物盗られ妄想)、家族が自分を追いだそうといじわるしている(迫害妄想)などが主たる介護者に向けられる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • パーソナリティ障害

    他の精神障害の合併については、境界性、反社会性パーソナリティ障害と薬物依存、回避性、依存性パーソナリティ障害とうつ病、回避性パーソナリティ障害と社交不安障害など、とくに結びつきが強い組み合わせがあることが知られています。 医療機関を受診するケースが最も多いのは、若い女性に多くみられる境界性パーソナリティ障害です。[mhlw.go.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • アルコール離脱

    うつ病 アルコール依存症によってうつ病が引き起こされる場合がある。逆に、うつ病によってアルコール依存症に陥ることもある(誤ったセルフメディケーション)。有病者の30-40%が、一生のうちにうつ病の診断基準を満たす。 不安障害 パニック障害、社交不安障害など。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 反応性うつ病
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 内因性うつ病
    不足: 脊髄精神的外傷

さらなる症状

類似した症状