Create issue ticket

考えれる1,033県の原因 うつ病, 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下

つまり: うつ病, 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下

  • クッシング症候群

    筋力低下 糖質コルチコイドが持つ鉱質コルチコイド作用によってナトリウムの再吸収が亢進し、逆にカリウム利尿が亢進して低カリウム血症が起こるため。 骨粗鬆症 尿中、血中コルチゾール検査:コルチゾール値の増加が見られる。また、通常朝高く夜低くなる日内変動の消失が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性疲労症候群

    うつ病 : CFSとうつ病とのオーバーラップが指摘されており、CFSという疾患概念そのものの存在に疑義を投げかける見解もあるが、CFS患者の体内では、コルチゾール・バソプレッシン等のホルモン量が少ないこと・運動・精神活動後に著しく疲労を感じる・buspirone負荷試験でセロトニン受容体の上方調節が認められない・MHPGが減少している・発症年齢[ja.wikipedia.org] 頭痛 筋力低下 関節痛 筋肉痛 のどの痛み 軽い作業後、24時間以上続く全身のだるさ リンパ節のはれ もの忘れや憂鬱な気分、思考力や集中力の低下 不眠や過眠 症状が数日の間に出た 微熱(37.2 38.3 )や悪寒 *安易な自己診断は禁物ですが、もし8つ以上の症状があるようなら、できるだけ早く専門医のアドバイスを受けましょう。[anzenkun.nishio-rent.co.jp] さらに「1.微熱・悪寒、2.咽頭痛、3.首や脇のリンパ節の腫れ、4.原因不明の筋力低下、5.筋肉痛・不快感、6.軽い労作後に24時間以上続く全身倦怠感、7.頭痛、8.腫れや赤みがない移動性の関節痛、9.精神神経症状、10,睡眠障害、11.発症時、主たる症状が数時間から数日の間に出現」。[gateclinic.jp]

  • 更年期障害

    うつ病、心臓病、がん、糖尿病といった病気が隠れている可能性もありますので、まずは早めのご相談をお勧めいたします。[lck.jp] 40歳以上でEDや抑うつ感、睡眠障害、筋力低下などを訴え、テストステロンが一定水準未満に低下の場合、男性更年期障害と診断される。 うつ症状が同程度のED患者らを二分し、一方に偽薬(プラセボ)、他方にPDE5阻害剤を投与した結果、PDE5阻害剤投与群の方が、うつ症状スコアはより大きく軽減。EDが改善し、気持ちが明るくなるようだ。[nippon-shinyaku.co.jp] ほかにも、のばせ・多汗、全身倦怠感、筋肉や関節の痛み、筋力低下、骨密度低下、頭痛・めまい・耳嶋り、頻尿など精神症状としては、不眠、無気力、イライラ、性欲減退、集中力や記憶力の低下などとともにうつ症状が出る場合もあります。[genkiplaza.or.jp]

  • リウマチ性多発筋痛症

    典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。[msdmanuals.com]

  • 低カリウム血症

    低カリウム血症の症状としては、多尿、高血圧、疲労、筋力低下、神経機能の低下、不安、イライラ、抑うつ、睡眠障害、虚弱、便秘、乾燥肌、筋肉痙攣(こむら返り)などがある。 軽度 (K 3.0-3.5mEq/L)特段の症状は現れない事が多い。若干血圧の上昇や不整脈を引き起こすことがある。[ja.wikipedia.org] 自覚症状が乏しいので、だるさや倦怠感、食欲低下、筋力低下や心電図異常が認められる場合、ルーチン検査として実施することが望ましい。 すべての入院患者、利尿薬を服用している患者では検討する。[clinicalsup.jp] -自覚症状から探る薬の副作用- 高橋隆一著(第一メディカル)より引用 低K血症 血清カリウム値が3.5mEq/L以下になった状態 脱力感、筋力減退、手足の麻痺、 呼吸困難 、口の渇き、 意識障害 (傾眠)など 筋力低下、反射の低下、不整脈、意識障害(周囲への無関心)など 血清カリウム値の低下。心電図など。[haart-support.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    アルコール依存症は、うつ病・躁うつ病との密接な関連性を指摘されており、投薬やカウンセリングなどの治療を受けていても、背景にあるアルコール問題に取り組まない限り、遷延性・難治性の経過を辿ることが多いようです。これらは自殺の原因ともなり得ます。[sakuranoki-akihabara.com] 赤血球中トランスケトラーゼ活性が低下する.治療はVB 1 を投与する. c)ペラグラ(pellagra):アルコールによるニコチン酸欠乏で起こる.顔面,手・足背など日光露出部に紅斑,色素沈着,皮膚肥厚(ペラグラ疹)を認める.下痢,舌炎,胃液分泌欠乏などの胃腸症状や貧血に続いて健忘,譫妄,錯乱,幻覚,妄想などの精神症状,ときに認知症を認める.末梢神経障害[kotobank.jp] うつ病よりも多いと考えてもいいでしょう。その原因としては、(1)依存が進行するにつれて、仕事や家族をはじめとして多くのものを失い、社会的に孤立してしまうこと、(2)幻聴や妄想が出て追いつめられたり、(3)薬物やアルコールの離脱期に重いうつ状態に陥ったりすることがあげられます。[shokokai-grp.or.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    また、 睡眠時無呼吸症候群 などの 睡眠障害 、 うつ病 などの 心の病気 でも疲れをきたすことはよく知られています。これらの多くは健康診断や人間ドックで見つかるか、あるいはご自分で気付くことも多いでしょう。 さて、なかなか気付かれにくい原因があります。[akashi-clinic.com] 甲状腺ミオパチーでは、筋力低下、易疲労性、筋強直、筋痛をしばしば認める。筋肉組織内への粘液物質の蓄積が原因と考えられている。甲状腺ミオパチーにおいて筋肥大がめだつものを Hoffmann症候群と呼ぶ。また筋叩打による局所的筋膨隆を mounding現象と呼ぶ。 血液検査 free T3, T3 ... 低下が多い。[ja.wikipedia.org] (浮腫状顔貌,皮膚の乾燥と粗造),低血圧,低体温,呼吸不全など重篤な症状を呈することもある.神経症状で頻度の高いものとして甲状腺機能低下性ミオパチーがあり,近位筋の脱力,筋痛,動作緩慢から始まり,腱反射の減弱,反射の戻りが遅い,筋肥大,筋膨隆現象,全身の粘液水腫,巨舌などを呈する.進行すると筋の痙攣や硬直,著明な全身の脱力をきたす.末梢神経障害[kotobank.jp]

  • 不眠症

    加齢によるものであれば、特に治療の必要もありませんが、うつ病の人が早朝覚醒も併発していることが多く、一つの判断基準になります。 4.熟睡障害 睡眠時間は十分とっているのに、ぐっすり眠った感じがしない、眠りが浅い状態です。 睡眠時無呼吸症候群やむずむず脚症候群などの病気が関係していることもあります。[gateclinic.jp] 目次 1 歴史 2 症候 3 脳血管障害 4 認知症性疾患 5 変性疾患 6 脱髄性疾患 7 運動ニューロン疾患 8 末梢神経障害 9 感染性疾患 10 筋疾患 11 神経・筋接合部疾患 12 機能性疾患 13 脚注 14 関連項目 15 外部リンク 歴史 [ 編集 ] 「神経学」は「Neurology(脳神経など 臓器 としての神経学)」[ja.wikipedia.org] また、うつ病の9割は不眠を合併すると言われています。うつ病は眠れなくなる病気なのです。 不眠の原因が、睡眠時無呼吸症候群(SAS)が不眠の原因である場合には、投薬で症状が悪化する時もあります。薬で良くならない不眠、いびきがある、肥満が目立つ、あごが小さいなどの特徴がある場合には、睡眠時無呼吸症候群の検査をお勧めします。[2284kokoro.com]

  • 過食

    やせているのに活発に活動することが多くみられますが、やせに伴い次第に筋力低下や疲れやすさを感じるようになります。低血圧、心拍数低下、低体温、無月経、便秘、下肢のむくみ、皮膚の乾燥などの変化がみられます。血液検査では脱水、貧血や白血球減少、肝機能異常、低タンパク血症、高コレステロール血症など種々の異常がみられます。[ohwa-mental.jp] 食欲不振が2週間以上続く場合は「うつ病」も疑われます。 さらに詳しくは、こちらのマンガをご覧下さい。 うつに関連するマンガはこちら[yuk2.net] 数年前からうつ病を患っています。治療によってうつ病の症状は改善していますが、ずいぶんと体重が増えてしまいました。医師が食生活について訊ねると、週2 3回は過食をしていることがわかりました。仕事から帰り、夫が帰宅するまでの間の1人の時間に、アイスクリームやクッキーなどを大量に食べているのです。[e-heartclinic.com]

  • アルツハイマー病

    さらには、うつ病など認知症に似た症状を起こす精神科領域の病気の診断にもメリットがあります。また、当クリニックでは医療連携室と連携しており、介護老人健康保険施設の利用などをスムーズに行うことができるようになっております。[kompas.hosp.keio.ac.jp] ) 1 経過の変動 2 夜間の錯乱 1 パーソナリティは比較的保たれる 1 抑うつ 1 身体愁訴(例,身体の疼くような痛み,胸痛) 1 情緒不安定 1 高血圧の既往または存在 1 脳卒中の既往 2 併存する動脈硬化の所見(例,PAD,心筋梗塞) 1 局所的な神経症状(例,不全片麻痺,同名半盲,失語) 2 局所的な神経学的徴候(例,一側性の筋力低下[msdmanuals.com] 目次 1 歴史 2 症候 3 脳血管障害 4 認知症性疾患 5 変性疾患 6 脱髄性疾患 7 運動ニューロン疾患 8 末梢神経障害 9 感染性疾患 10 筋疾患 11 神経・筋接合部疾患 12 機能性疾患 13 脚注 14 関連項目 15 外部リンク 歴史 [ 編集 ] 「神経学」は「Neurology(脳神経など 臓器 としての神経学)」[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状