Create issue ticket

考えれる251県の原因 うつ病, 呼吸筋麻痺

  • ポルフィリン症

    具体的には、腹痛や下痢、便秘、吐き気、うつ病などで、光線過敏症が起こることもあります。疑われる人には血液検査や尿検査、便検査、皮膚の生検などが行われます。確立された治療はなく、症状を和らげる治療が中心になります。ポルフィリン症は一般内科や代謝・内分泌内科で検査や治療が行われます。[medley.life] 急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    自身も うつ病 、パニック障害を患っていると公表している。NHKテレビでのうつ病等の特集番組には、萩原流行らと共に出演もしている。 ( 藤臣柊子 フレッシュアイペディアより) 背の眼 から見た うつ病 愛染町(白峠村の隣町)の住人。[fresheye.com] 急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • 低カリウム血症

    低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺呼吸麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org] 症状としては2.5 3.5mEq/Lで消化器症状(嘔吐、食欲不振)、骨格症状(脱力、筋力低下、テタニー)、尿濃縮障害(多飲、多尿)、インスリン分泌障害(耐糖能障害)K 2.5mEq/L では四肢麻痺呼吸麻痺、イレウスを来たします。[jhf.or.jp]

  • ダニ麻痺症

    犬のダニ麻痺症の主症状 フラフラ歩く 後肢の脱力 顔面の弛緩 発声障害と嚥下困難 呼吸麻痺 瞳孔散大[koinuno-heya.com] うつ病などの精神的な疾患と間違われることも エールリヒア症 リケッチア 急性の場合は発熱、鼻汁、流涙、食欲不振、元気消失、貧血など 発熱、頭痛、関節痛、倦怠感、呼吸困難など。放置すると、命に関わることも[bayer-pet.jp] うつ病などの精神的な疾患と間違われることもある。 犬の症状 不顕性感染(軽い発熱や流産・不妊症などが見られる程度)[takakura.co.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    対症療法として、呼吸麻痺が起こると人工呼吸器を装着する。嚥下障害があると、栄養管理のため胃瘻や中心静脈栄養を使う。その他、QOL向上をはかって、流涎や強制失笑に対する薬物療法を行うこともある。[ja.wikipedia.org] 散歩や水泳やエクササイズバイクなどの軽いエアロビクス運動は、罹患していない筋肉を強化し、心血管の健康を改善し、患者の疲労やうつ病の予防に役立ちます。各種の可動域訓練やストレッチ体操は、痛みの激しい痙直や筋肉の拘縮の防止に役立ちます。[christopherreeve.org] 呼吸麻痺呼吸困難がいきなり現れる症状です。気管切開が必要になる可能性が高く、末期になると人工呼吸器が欠かせなくなります。上記3つに比べ、呼吸麻痺型から発症するパターンは非常に少ないです。 検査を経てからALSと診断されるまで 体に様々な異変が見られる場合でも、直ちにALSに罹患しているとは予想できないことでしょう。[sagasix.jp]

  • 脊髄梗塞

    急性期にはエダラボンなどの脳脊髄保護療法を開始しつつ,速やかに血栓融解療法を行う.抗リン脂質抗体症候群の場合は,副腎ステロイド療法(プレドニゾロン 40 60 mg)に加えて,急性期のヘパリン療法も併用する.その他,大動脈炎でのステロイド療法の併用や梅毒性血管炎でのペニシリン大量投与など基礎疾患への対応も併用する.また上位頸髄レベルの障害では呼吸麻痺[kotobank.jp] うつ病、内臓由来の関連痛、眼科疾患、耳鼻咽喉科や歯科疾患が関与していることもあります。整形外科疾患としては 頚椎椎間板ヘルニア 、 頸椎症性脊髄症 、 後縦靭帯骨化症 、 悪性腫瘍(癌) の転移などの疾患が原因となっていることがあり、放置した場合手足の麻痺などの重篤な症状へと進行していくこともあります。[jssr.gr.jp] 麻痺症状は上行し延髄レベルへの麻痺進行の可能性が考えられたため、入院第6病日ステロイドパルス療法を追加したが、呼吸麻痺による呼吸不全のため第7病日に死亡。家族の同意を得て病理解剖実施した。[archive.jsco.or.jp]

  • 低マグネシウム血症

    血清マグネシウムの値が5mg/dlを超えると、嘔吐や脱力、傾眠、徐脈、低血圧などがみられ、12mg/dl以上になると、意識混濁 ・消失や呼吸麻痺が生じ、心停止に至ることもあります。 また、深部腱反射の低下は高マグネシウム血症の指標となります。心電図上では、PR間隔の延長が特徴的です。[yamauchi-iin.com] はきけ、嘔吐、徐脈、皮膚紅潮、筋力低下、傾眠傾向、全身倦怠感などは 初期症状であり、高マグネシウム血症が進行すると 嚥下障害、意識障害 昏睡、呼吸麻痺、血圧低下などが起きます 下剤として マグネシウム製剤を処方している医師は 定期的に 血清マグネシウム値を測定することが必要とされているのですが、これを実行している医師は多くはなく、また、定期的[iizuna-hp.jp]

  • ボツリヌス中毒

    9)14) 重症例では、呼吸、横隔膜麻痺のため呼吸困難におちいり死にいたる。[j-poison-ic.or.jp] 意外なところでは、うつ病に効くという海外の報告があります(Parsaik, 2016)。3つのランダム化比較試験を総合したメタ解析で、エビデンス レベルは高いです。なんと眉間にボツリヌス毒素製剤を注射するとうつ病が良くなるというのです。[asahi.com] 麻痺と四肢筋の筋力低下の順序と強さは鑑別点の一つになる.つまり,ボツリヌス中毒では四肢筋力が比較的保たれているのに呼吸麻痺が強いのに対し,Fisher型のギランバレー症候群ではまず,四肢筋力が低下して歩けない状態になった後に呼吸麻痺が起こることが多い(2).[square.umin.ac.jp]

  • 急性過換気

    監修 : 増田史 精神科医、医学博士 慶應義塾大学 精神・神経科学教室 特任助教 滋賀医科大学 精神医学講座 客員助手 あわせて読みたい PICK UP うつ病の診断基準やその方法は?診断書をもらうメリット、使える支援についても紹介します 詳細を見る PICK UP 拒食症(神経性やせ症)とは?[snabi.jp] 原因として,①気管支喘息,肺気腫などの閉塞性肺障害,②脊髄損傷,神経疾患などによる呼吸麻痺,③麻酔薬・麻薬の過量投与,急性薬物中毒,脳血管障害などによる呼吸中枢抑制などがあげられる。[jaam.jp] またうつ病などの精神疾患や不安症、パニック障害などがある方は、それらに対する治療が発症防止に有用なことがあります。一般に予後は良好で、数時間で症状は改善します。[jrs.or.jp]

  • ベンゾジアゼピン系過剰摂取

    重症例では呼吸麻痺をきたす。 b)治療 1)副交感神経遮断薬が効果的。アトロピン2 10Aを静注。その後、 30分毎に1 5A追加。瞳孔の散瞳傾向が認められたら30分毎に 1 2Aを皮下注する。アトロピンの使用量は瞳孔散大、口内乾燥、 頻脈の出現を目安として調節する。[nms.co.jp] ) 医学生のプロ意識学習にSNSが有効 (専門誌ピックアップ) 肥満とうつ病に統合的共同ケア、減量とうつ症状を改善 (JAMA) MMRワクチン接種、自閉症リスク増加と関連せず (Ann Intern Med) 大うつ病性障害予防に栄養学的戦略の効果見られず (JAMA) 麻酔科研修でデブリーフィングを妨げる因子特定 (専門誌ピックアップ)[m3.com] うつ病を患い、ベンゾジアゼピン系の薬を投与されていました。治療が長引くにつれて薬が効きにくくなり、自己判断で大量服薬することもありました。やがてうつ病の症状が悪化したため、インターネットで調べると「ベンゾジアゼピンが原因」という情報を見ました。[e-heartclinic.com]

さらなる症状

類似した症状