Create issue ticket

考えれる61県の原因 うっ血性心不全, 多血症, 胸水

  • 慢性右側うっ血性心不全

    入院患者さんの病名で「うっ血心不全」と診断されているのですが、調べてみても詳しい病態がわかりません。心不全と診断されている患者さんもおり、違いがよくわかりません。うっ血心不全について詳しく知りたいです。 質問したいこと うっ血心不全の詳しい説明と看護について教えてください。[kango-oshigoto.jp] 胸水 毛細血管圧の上昇により、胸腔内に水分が貯留した状態です。 通常、胸水は胸腔の下の方から貯留するので、胸部エックス線写真では、肺の下部に体液が立った陰影(図の水色の部分)が見られ、貯留が増加するにしたがって、上部に陰影が拡大します。[otsuka.co.jp] J5 偏側臥呼吸(trepopnea) 一側に大量の胸水貯留があるとき、患者は胸水貯留側を下に側臥位をとる。無意識のうちに呼吸困難を軽減すためである。高度な気胸、一側無気肺でも同様である。[mitsuoka-clinic.or.jp]

  • 原発性骨髄線維症

    骨髄線維には、今回紹介する原発性のものと、多血、血小板増多症から進行した二次性骨髄線維症に大きく分類されます。原発性のものは稀な疾患で、20万人に1人程度しか発症しませんが、予後は悪く生存中央期間は3-5年程です。同じ原発性骨髄線維症の型でも、様々なリスク要因によって予後は異なります。[medicalnote.jp] 二次性骨髄線維の原因となる疾患急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性 骨髄性白血病、真性赤血球増加(真性多血)、原発性血小板血症(本態性血小板 血症)、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫、がん腫、全身性エリテマト ーデス、全身性進行性硬化症、放射線照射後、などが含まれる.[med.osaka-cu.ac.jp] 異常値を示す病態・疾患 適応疾患 骨髄増殖性腫瘍、真性多血、本態性血小板血症、原発性骨髄線維症 参考文献 測定法文献 van der Velden,V.H.et al:Leukemia 17:1013 1034,2003. 臨床意義文献 James C et al:NATURE 434:1144 1148,2005.[test-guide.srl.info]

  • 肺塞栓症

    身体所見でのⅡPの亢進や、胸部X線では無気肺や胸水を認めることがあります。中には肺動脈拡張や肺野の透過性亢進で診断される場合もあります。心電図で最も高頻度な所見は洞性頻脈(90%程度)です。 陰性T波、QT延長などを認めることもあります。有名なSⅠQⅢTⅢは心電図異常を認める中で15%程度と、実際には低頻度です。[jhf.or.jp] 胸部レントゲン 正常な場合が多いですが、肺の血管が詰まって肺の空気が強調され、より黒く見えたり(透過性亢進)、肺組織が出血等を起こすと肺に陰影を認めたり、水がたまる(胸水)ことがあります。気胸や心不全などの同じような症状を呈する、他の病気を除外する点でも重要です。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 血液の異常: 多血や血小板増多症のほか、血液を固める因子の異常なども関連します。 薬物: 妊娠コントロールピルやホルモン療法はリスクを高めます。その他抗がん剤などもリスクとして知られています。 体調や生活習慣: 妊娠と、加齢、がん、心不全、肥満、腎不全、喫煙 【治療】 まずは、薬を使って血栓の延長および拡大を防ぎます。[nishimura-clinic-saga.com]

  • 家族性骨髄線維症

    具体的には、 JAK2阻害薬(商品名:ジャカビ):骨髄線維、真性多血 血小板増加抑制薬(商品名:アグリリン):原発性血小板増多症 などです。[niigata-cc.jp] 家族性良性赤血球増加 良性赤血球増加 赤血球増加 相対的赤血球増加 多血 ストレス赤血球増加症 エリスロポエチン産生腫瘍 後天性赤血球増加症 続発性赤血球増加症 低酸素性赤血球増加症 血小板増加症 本態性血小板増加症 好塩基球増加症 原発性骨髄線維症 骨髄機能低下 続発性骨髄線維症 二次性血小板増加症 リンパ細網組織および細網組織球系[scuel.me] *骨髄増殖性腫瘍には、真性多血、本態性血小板血症、骨髄線維症などの疾患が含まれます。 目的 本研究の目的は、骨髄増殖性腫瘍の臨床像について、その実態を調査することです。 対象者 当施設で加療中である骨髄増殖性腫瘍の患者様を対象とします。[u-tokyo-hemat.com]

  • 特発性好酸球増加症

    うっ血心不全、中枢神経異常、肺線維症、発熱、体重減少、貧血)の存在である.[midb.jp] H00236 エリスロポエチン産生腫瘍 ストレス赤血球増加 後天性赤血球増加 赤血球増加 相対的赤血球増加 続発性赤血球増加 多血 低酸素性赤血球増加症 D751 続発性赤血球増加症 原発性骨髄線維症 好塩基球増加症 骨髄機能低下 続発性骨髄線維症 二次性血小板増加症 D758 血液及び造血器のその他の明示された疾患 家族性血球貪食性細網症[kegg.jp] 慢性好酸性白血病(CEL)と同一項目として取り扱われ、骨髄増殖性疾患(CMPD)の1つに分類された.Chusidら(1975)HESの基準を以下に述べる. ①好酸球の持続性増加(1,500/μl以上が6ヶ月以上)あるいは6ヶ月以内に死亡、②好酸球増加の基礎疾患(寄生虫感染、アレルギー性疾患など)がない、③好酸球浸潤による症状や徴候(肝脾腫、基質心雑音[midb.jp]

  • 慢性うっ血性脾腫

    3.不整脈 不整脈は頻脈(脈が速くなる)不整脈と徐脈(脈が遅くなる)不整脈があります。 頻脈不整脈ですが、うっ血心不全で良く認められるのは心房細動・心房粗動を合併している患者さんが多いです。[tsukazaki-hp.jp] 腹部大動脈・その他 胸水 (きょうすい) 胸腔内に貯留した液体を胸水と呼びます。性状により滲出性(悪性腫瘍、肺炎、肺塞栓症、ウイルス感染、尿毒症、膠原病など)と漏出性(心不全、肝硬変、低蛋白血症、ネフローゼなど)に大別されます。通常、胸腔内には生理的に20ml未満の胸水が存在しますが、異常に増加した場合は精密検査が必要です。[ningen-dock.jp] 本態性血小板血は長期的自然経過で一部は真性多血、骨髄線維症、急性骨髄 性白血病に移行します。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 慢性骨髄単球性白血病

    心不全、すべての抗生物質に 耐性 を有する活動性の 感染症 、または2L/min(LPM)を超える酸素吸入を要する進行性の非骨髄異形成症候群(MDS)関連肺疾患が認められる被験者 治験の実施期間 2016年10月から2018年12月 試験公開情報(詳細情報) ClinicalTrials.gov: NCT02907359 (最終更新日:[oncolo.jp] 真性多血、本態性血小板増多症で認められるJAK2V617F変異が少 数の症例で見られる場合があります。 (4)臨床経過 :CMMLは①芽球比率末梢血 5%、骨髄 10%であるCMML1と②芽球比 率5%以上20%未満、骨髄10%以上20%未満、アウエル小体( )のCMML2に分類し ます。[med.osaka-cu.ac.jp] 骨髄増殖性腫瘍に分類されるその他の病型としては真性多血、本態性血小板血症、原発性骨髄線維症、慢性好中球性白血病、慢性好酸球性白血病・好酸球増多症候群などがあります。 慢性骨髄性白血病(CML:Chronic Myelogenous Leukemia)は、造血幹細胞に異常が起こり、がん化した血液細胞が無制限に増殖することで発症します。[ganjoho.jp]

  • 上大静脈症候群

    頸静脈怒張に加え、呼吸困難、浮腫などの症候があればうっ血心不全をまず疑うが、先天性心疾患や三尖弁膜症、肺動脈弁膜症、肺動脈狭窄症、肺高血圧症や肺塞栓症などに伴う右心不全、収縮性心膜炎においても右心房圧が上昇し、頸静脈怒張を認める。その他、上大静脈症候群や一部の縦隔腫瘍においても頸静脈怒張を認める。[med.toaeiyo.co.jp] 胸水の原因の診断は、治療計画を立てるために重要です。 胸水が原因となり、以下のような 徴候 や 症状 がみられることがあります。これらの問題がみられる場合は担当の医師にご相談ください: 呼吸困難 (息切れ)。 咳。 胸部の不快感または痛み。 悪性胸水と非悪性胸水ではその治療法が異なるため、正確な 診断 が重要です。[cancerinfo.tri-kobe.org] 静脈圧の上昇により、顔面、頚部、両上肢の浮腫、チアノーゼ、多血、皮下静脈の拡張などが生じる。喉頭浮腫などに伴い咳嗽、嗄声、喘鳴、息切れなどの症状が生じ、また稀ながら、脳浮腫により頭痛、混迷、昏睡を来すこともある。症状の軽重は、上大静脈の狭窄の程度と、狭窄の進行速度による。[archive.jsco.or.jp]

  • 再発肺塞栓症

    しかし、この症状は、急性心筋梗塞・大動脈解離・肺炎・うっ血心不全・肺気腫や慢性気管支炎・気胸・胸腔内腫瘍等の疾患の症状にもにているため、診断に苦慮することもあります。[suzukinaika.net] 胸部レントゲン 正常な場合が多いですが、肺の血管が詰まって肺の空気が強調され、より黒く見えたり(透過性亢進)、肺組織が出血等を起こすと肺に陰影を認めたり、水がたまる(胸水)ことがあります。気胸や心不全などの同じような症状を呈する、他の病気を除外する点でも重要です。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 血液凝固 能 の 亢 進 - 脱 水 、多血、 骨 髄性 白血病 、 悪性腫瘍 、線溶系因子の先 天 的欠損など。 病的な血栓によって、血管が閉塞され循環障 害 を起こした状態を血栓症と呼び、太い血管などで形成された血栓塊が、血流に乗ってほかの血管を塞いだ状態を塞栓症と呼ぶ。[dic.nicovideo.jp]

  • 鎖球菌感染後糸球体腎炎

    3.症状 大量の尿蛋白、低アルブミン血症・低蛋白血症に起因する、浮腫、体重増加、高度の場合には胸水や腹水、腎機能低下(急性腎障害、慢性腎障害)、脂質異常症、凝固線溶系異常とそれに伴う血栓症、免疫異常症とそれに伴う感染症などさまざま症状を伴う。また、合併症としての症状も重要である。副腎皮質ステロイドによる治療により、骨粗鬆症、胃潰瘍。[nanbyou.or.jp] 1 新生児TSS様発心 2 マクロファージ活性化症候群 1 血液・腫瘍性疾患 5 胎児母体間輸血症候群 1 多血 3 同種免疫性血小板減少症 1 計3458名 小児入院患者数:小児科入院患者3178名(NICU入院231名を含む) 小児外科入院280名[kitano-hp.or.jp] 1 ネフローゼ症候群 2 貧血 2 急性腎盂腎炎 33 再生不良性貧血 1 急性巣状細菌性腎炎 5 多血 2 左先天性水腎水尿管 1 特発性血小板減少性紫斑病 12 急性腎障害 1 自己免疫性好中球減少症 1 膀胱尿管逆流 2 血球貪食症候群 1 血尿 1 壊死性リンパ節炎 1 陰嚢水腫 1 呼吸器 856 精巣痛 1 気管支炎、肺炎 551[kitano-hp.or.jp]

類似した症状