Create issue ticket

考えれる217県の原因 うっ血性心不全, 多血症, 胸水

  • 慢性右側うっ血性心不全

    入院患者さんの病名で「うっ血心不全」と診断されているのですが、調べてみても詳しい病態がわかりません。心不全と診断されている患者さんもおり、違いがよくわかりません。うっ血心不全について詳しく知りたいです。 質問したいこと うっ血心不全の詳しい説明と看護について教えてください。[kango-oshigoto.jp] 胸膜腔には健康人でもわずかな胸水が存在していて、呼吸をする際に肺と胸壁との間の抵抗を減らす「潤滑油」として働いています。胸水は、壁側胸膜から産生され臓側胸膜から吸収されていますが、吸収が減少したり産生が増加したりした場合には、胸水貯留(胸に水がたまった状態)になります。[jhf.or.jp] 3.不整脈 不整脈は頻脈(脈が速くなる)不整脈と徐脈(脈が遅くなる)不整脈があります。 頻脈不整脈ですが、うっ血心不全で良く認められるのは心房細動・心房粗動を合併している患者さんが多いです。[tsukazaki-hp.jp]

  • 原発性骨髄線維症

    (Semin Hematol.2005 ; 42 : 206) 年齢 60歳 血栓症の既往なし 血小板数 150万/μL 心血管病変の危険因子(喫煙,高血圧,うっ血心不全)がない 以上のすべての項目を満たす 低リスク 低リスク群にも高リスク群にも属さない 中間リスク 年齢 60歳,または血栓症の既往がある 高リスク 2.Ph陰性の骨髄増殖性腫瘍[jshem.or.jp] 二次性骨髄線維の原因となる疾患急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性 骨髄性白血病、真性赤血球増加(真性多血)、原発性血小板血症(本態性血小板 血症)、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫、がん腫、全身性エリテマト ーデス、全身性進行性硬化症、放射線照射後、などが含まれる.[med.osaka-cu.ac.jp] 骨髄線維には、今回紹介する原発性のものと、多血、血小板増多症から進行した二次性骨髄線維症に大きく分類されます。原発性のものは稀な疾患で、20万人に1人程度しか発症しませんが、予後は悪く生存中央期間は3-5年程です。同じ原発性骨髄線維症の型でも、様々なリスク要因によって予後は異なります。[medicalnote.jp]

  • 家族性骨髄線維症

    初診時に白血球数が10万/μL以上の症例、早産、肝脾腫、全身浮腫、胸水、腹水がある症例が重症化リスクが高い。 またこのTAMになった症例の20-30%は生後3年以内に急性巨核球性白血病(AMKL)になる。このタイプの白血病は一般的に非常に稀なのであるが、ダウン症ではなりやすい型で正常児の400-500倍の率で発症すると言われる。[sk-blood.com] 内科学 第10版 の解説 真性赤血球増加(真性多血)(赤血球系疾患) 定義・概念 真性赤血球増加(真性多血)は多能性造血幹細胞レベルでの腫瘍化によって生じた疾患で,慢性骨髄性白血病,本態性血小板血症,原発性骨髄線維症とともに骨髄増殖性腫瘍に分類されている.白血球数や血小板数に比して赤血球数の増加が顕著で,JAK2チロシンキナーゼ遺伝子変異[kotobank.jp] PM)の有用性が示唆されている.骨髄線維/白血病に移行していないコントロール不良の真性多血,本態性血小板血症に対しても,造血幹細胞移植は施行されることがあるが,その適応と至適なタイミングは明らかにされていない.[saishin-igaku.co.jp]

  • 特発性好酸球増加症

    うっ血心不全、中枢神経異常、肺線維症、発熱、体重減少、貧血)の存在である.[midb.jp] 症状 発熱、全身倦怠感、食欲不振、胸水、 リンパ節 の腫れ など。 はてなキーワード 一般 特発性好酸球増多症候群[d.hatena.ne.jp] 図1 真性多血、慢性好中球性白血病、本態性血小板血症などの発症に関与するJAK2 キナーゼとそのシグナル伝達系[tokushukai.or.jp]

  • 肺塞栓症

    鑑別疾患 [ 編集 ] 胸痛:心筋梗塞、 大動脈解離 、 気胸 、肋骨骨折 呼吸困難: 喘息 、うっ血心不全、肺炎、胸膜炎 頸静脈怒張や血圧低下: 心タンポナーデ 、 肺高血圧症 、縦隔内占拠性病変( 悪性腫瘍 など) 診断 [ 編集 ] まず臨床症状から本症を疑うことが重要である。[ja.wikipedia.org] 身体所見でのⅡPの亢進や、胸部X線では無気肺や胸水を認めることがあります。中には肺動脈拡張や肺野の透過性亢進で診断される場合もあります。心電図で最も高頻度な所見は洞性頻脈(90%程度)です。 陰性T波、QT延長などを認めることもあります。有名なSⅠQⅢTⅢは心電図異常を認める中で15%程度と、実際には低頻度です。[jhf.or.jp] 肺動脈影の拡張(右第1・2弓の拡大)、閉塞血管領域で肺野血管影の減少 (Westermark's sign)、患側横隔膜挙上、胸水貯留、肺炎様浸潤影など。また 胸部レ線は肺塞栓症以外の疾患の除外に有用。[nms.co.jp]

  • 動脈管開存症

    通常、左心系うっ血心不全の発症がみられるまで現れない。肺と左心系への容量負荷が高まると運動不耐性や頻呼吸、咳が認められる。特有の連続性雑音が聴取される。また、大腿動脈ではバウンディングパルスが触知される。[ja.wikipedia.org] 人工心肺を用いた心臓手術の一般的な合併症に加え、循環不全、胸水貯留(乳び胸)が問題となることがあります。 フォンタン手術後 長期間にわたって良い循環を維持する為に定期的な通院と服薬の継続が必要です。 診療実績 診療体制 心臓手術は月から金曜まで毎日行っており、外来は月、水、金の午後 2診の体制です。[hyogo-kodomo-hosp.com] : チアノーゼが長期に続くとこれを代償するように多血になります。さらに何らかの理由で手術時期が遅くなり、血栓が出来やすい状態にまで進行すると、静脈系にできた血栓が心室中隔欠損を通って左心室を経由して大動脈に流れると脳梗塞を含む臓器梗塞を起こす可能性があります。[myogadani-kids.com]

  • 全身性アミロイドーシス

    心不全 不整脈 ( 房室ブロック など) 肝臓(アミロイド肝) 肝 腫大 (肝臓が腫れて大きくなること) 黄疸 (皮膚や白眼の部分が黄色く変色) 腹水 吐き気 嘔吐 下痢 血便 腎臓( アミロイド腎症 ) ネフローゼ症候群 腎不全 消化器 巨舌(舌が大きくなる) 食欲低下 吸収不良症候群 蛋白漏出性胃腸症 慢性下痢 末梢神経 アミロイドポリニューロパチー[medley.life] 1日10g近くの尿蛋白が出る患者さんでは低アルブミン血症となり、全身の浮腫(むくみ)、さらにひどくなれば胸水や腹水がたまる場合もあります。最終的には腎不全になり、透析が必要になります。 そのほか、自律神経(自分が意識していなくても動いている神経)の障害も比較的多くみられます。代表的な症状は起立性の低血圧です。[kotsuzuishu.jp] .キャッスルマン病 a 4.硬化性骨病変 5.VEGF上昇 小規準 6.臓器腫大(脾腫,肝腫,リンパ節腫脹) 7.血管外体液漏出(浮腫,胸水,腹水) 8.内分泌異常(副腎,甲状腺b,下垂体,性腺,副甲状腺,膵臓 b ) 9.皮膚異常(色素沈着,多毛,糸球体様血管腫,多汗症,先端チアノーゼ,紅潮,白状爪) 10.乳頭浮腫 11.血小板増加/多血[jshem.or.jp]

  • 再発肺塞栓症

    しかし、この症状は、急性心筋梗塞・大動脈解離・肺炎・うっ血心不全・肺気腫や慢性気管支炎・気胸・胸腔内腫瘍等の疾患の症状にもにているため、診断に苦慮することもあります。[suzukinaika.net] の診断にて 6 月20日,右臼蓋形成術を施行した.術後は弾性ストッキングおよびfoot pumpを使用していた.リハビリをベットサイドにて開始するも 7 月 2 日,突然の呼吸困難出現.SpO2も80%と低下し,酸素投与を行った.CTにて肺塞栓を認め当科転院となる.CT上肺動脈本幹から左肺動脈および両肺動脈下葉枝におよぶ巨大な血栓を認め,胸水貯留[js-phlebology.org] 血液凝固 能 の 亢 進 - 脱 水 、多血、 骨 髄性 白血病 、 悪性腫瘍 、線溶系因子の先 天 的欠損など。 病的な血栓によって、血管が閉塞され循環障 害 を起こした状態を血栓症と呼び、太い血管などで形成された血栓塊が、血流に乗ってほかの血管を塞いだ状態を塞栓症と呼ぶ。[dic.nicovideo.jp]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    狭心症や心筋梗塞、うっ血心不全を起こすリスクは1.5 3倍になります。肺がんの合併も問題になってきます。 2000年の日本における、40歳以上のCOPDの病気を持つ人の割合は、8.6%、患者数530万人と推定されています。一方、2008年患者調査によると、COPDの治療をしている患者数は約17万3千人となっています。[city.kikuchi.lg.jp] また、肺と、肺が入っている肋骨に囲まれた壁(胸壁)の間のすき間は胸膜腔とよばれ、通常は少量の水(胸水)が入っており、肺と胸壁がこすれ合わないよう潤滑剤の役目をしています。おもな胸膜疾患は次の2つです。 胸膜炎 胸膜に炎症が起こる病気をいいます。多くが胸膜にある血管から血液中の水分などがもれ出して、胸水がたまります。[kyoukaikenpo.or.jp] 血液中の酸素レベルが低下しても治療せずに放置しておくと、骨髄が刺激され、より多くの赤血球が血液中へ放出されるようになり、二次性赤血球増多( 真性多血 )と呼ばれる状態になります。血液中の酸素レベルが低下すると、右心室から肺へと続く血管も収縮し、その結果これらの血管の圧が上昇します。[msdmanuals.com]

  • 慢性骨髄単球性白血病

    心不全、すべての抗生物質に 耐性 を有する活動性の 感染症 、または2L/min(LPM)を超える酸素吸入を要する進行性の非骨髄異形成症候群(MDS)関連肺疾患が認められる被験者 治験の実施期間 2016年10月から2018年12月 試験公開情報(詳細情報) ClinicalTrials.gov: NCT02907359 (最終更新日:[oncolo.jp] 真性多血、本態性血小板増多症で認められるJAK2V617F変異が少 数の症例で見られる場合があります。 (4)臨床経過 :CMMLは①芽球比率末梢血 5%、骨髄 10%であるCMML1と②芽球比 率5%以上20%未満、骨髄10%以上20%未満、アウエル小体( )のCMML2に分類し ます。[med.osaka-cu.ac.jp] ・造血器腫瘍(骨髄細胞の腫瘍) 急性骨髄性白血病( AML ),骨髄異形成症候群( MDS ),慢性骨髄性白血病( CML ),真性多血( PV ),本態性血小板血症( ET ),原発性骨髄線維症( PMF ),慢性骨髄単球性白血病( CMML ) ・造血器腫瘍(リンパ球の腫瘍) 急性リンパ芽球性白血病(ALL),悪性リンパ腫(ML),多発性骨髄腫[fujioka-hosp.or.jp]

類似した症状